認定看護管理者

    「商標登録」について

    以下の名称及び徽章の図形は日本看護協会の登録商標です。

    認定看護管理者 CNA Certified Nurse administrator

    (認定看護管理者徽章)

    商標権は本会に帰属していますので、徽章画像を含め無断で使用することはできません。
    徽章画像の使用を希望される場合は、下記使用基準をご確認のうえ、日本看護協会に使用申請をしてください。詳細は以下をご参照ください。

    登録内容変更

    以下の変更時には『資格認定制度 審査・申請システム』より手続きを行ってください。

    登録内容変更後は、分野別都道府県別認定者一覧へ即時反映されます。

    • 住所、氏名、メールアドレス、所属施設等の変更
    • 情報公開・非公開についての変更
      • 転職等によりご自身の所属先が変更になった場合は、『資格認定制度 審査・申請システム』にてご自身で所属施設の変更手続きを行ってください。
      • 施設の名称や住所が変更になった場合は、施設データベースを修正いたしますので、下記までご連絡ください。

    日本看護協会認定部

    住所
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2
    TEL(直通)
    03-5778-8546
    • 電話によるお問い合わせ対応時間:土日祝祭日を除く平日の9時~12時と13時~17時30分

    登録内容変更画面

     

    資格認定制度 審査・申請システム操作方法

    登録内容変更の際には以下の操作方法をご確認ください。

    更新審査

    認定看護管理者のレベル保持のため、認定更新審査を行っています。日本看護協会の認定を受けた認定看護管理者は、認定を受けてから5年ごとに更新審査を受ける必要があります。

    お知らせ

    2024年更新審査対象者の方にハガキを2月上旬に送付しました。
    不着などのハガキは再送いたしませんので、内容はこちらからご確認ください。
    更新審査について(通知)

    更新審査申請資格

    次の1~3の項目をすべて満たしていること。

    1. 日本国の看護師免許を有すること。
    2. 申請時において、認定看護管理者であること。
    3. 申請時において、過去5年間に細則に定める看護管理実践及び自己研鑽の実績があること。
    • 2015年まで認定更新審査で使用していた「学会一覧」は、2016年から廃止し、2016年第13回認定更新審査以降は、原則としてすべての学会における発表や参加を、自己研鑽の実績として申告可能とします。
      なお、2016年以前の発表や参加についても同様に申告可能です。
    • 認定更新に必要な自己研鑽の実績は『資格認定制度 審査・申請システム 研修実績及び研究業績等申告表』で随時点数の登録が可能ですので、ご利用ください。

    申請手続き

    次の4つの手続きをすべて行う。

    • 審査申請『資格認定制度 審査・申請システム』
    • 審査料振込:30,800円
    • 審査書類:オンラインでの提出
    • 審査書類:郵送での提出

    審査方法

    書類審査

    2024年 第21回認定看護管理者認定更新審査・延長審査実施概要
    対象者 2019(平成31)年に認定及び認定更新を受けた認定看護管理者
    ※過去に認定期間の延長が認められた者は、各自でご確認ください。
    申請期間
    1. 審査申請 2024年7月22日(月曜日)10時~7月31日(水曜日)15時
    2.審査料振込
    3.審査書類の提出(オンライン) 2024年7月22日(月曜日)10時~8月7日(水曜日)15時
    4.審査書類の提出(郵送) 2024年7月22日(月曜日)~8月7日(水曜日)消印有効
    審査書類

    【認定更新審査】

    【延長審査】

    ※2024年度の手引きおよび申請書類は4月下旬公開予定です。

    申請画面 資格認定制度 審査・申請システム
    • 申請期間外は申請することはできません。
    • 上記システムは、以下の環境において動作確認を行っています。
    ■PC
    • Microsoft Edge Version 120
    • Google Chrome Version 120
    ■SP
    • iPhone:Safari Version17
    • Android:Google Chrome Version120

    審査結果及び認定

    審査合否は『資格認定制度 審査・申請システム』において発表します。

    更新審査合格者は以下の認定看護管理者登録手続きを行ってください。

    • 認定料振込:20,900円(税込)
      • 消費税率10%への引き上げに伴い、2019年の審査から上記金額に変更しています。
    • 『資格認定制度 審査・申請システム』での認定登録情報の確認、及び公開情報の登録
      • 認定更新審査不合格及び認定更新審査未申請の場合、同年12月末日で資格を失効します。
        施設ホームページの認定看護管理者紹介等に掲載されている場合は、速やかに情報を削除してください。

    認定看護管理者の資格を失効した方を対象に、再認定審査を実施します。詳細は再認定審査をご確認ください。
    再認定審査

    領収書の発行について

    審査料・認定料等の領収書については、各金融機関が発行する「振込証明書」(受領書)が領収書となります。

    本会発行の領収書が必要な方は、以下の「領収書発行申請書」と返信用封筒(84円切手貼付)を同封のうえ、認定部まで送付をお願いします。
    なお、領収書発行申請書を受領してから発行まで1か月程度要しますことをあらかじめご了承ください。

    必要書類

    【領収書発行申請書】

    下記「領収書発行申請書」の様式をダウンロードし、ファイルに必要事項を入力して印刷してください。

    必要書類送付先

    • 宛先 : 日本看護協会 認定部
    • 住所 :〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-8-2
    • 封筒の表に「領収書発行申請」と記載してください。

    認定証・認定バッジ・認定証カードの再交付手続きについて

    改姓や破損・紛失等による認定証、認定バッジ、認定証カードの再交付については、下記の受付期間内に「資格認定制度 審査・申請システム」より申請してください。手続き完了後、各発送予定時期に簡易書留でお送りします。
    手続きに関する詳細は「資格認定制度 審査・申請システム」のお知らせ欄に掲載いたしますので、そちらでご確認ください。
    ※メインメニューでご確認いただけない場合は「新着以外も表示」をクリックし、該当の資格区分を選択してください。

    資格認定制度 審査・申請システム

    受付期間

    制度 受付期間 発送予定時期 再発行手数料 税込
    認定看護師
    認定看護管理者 
    専門看護師
    2023年6月1日~6月15日 7月下旬 認定証    1,045円
    認定バッジ  1,045円
    認定証カード 2,090円
    ※別途発送料金726円がかかります。
    2024年1月15日~1月29日 2024年2月下旬

    認定看護管理者教育機関から、認定看護管理者の皆さま向けのお知らせを掲載しています。詳細は、各教育機関へお問い合わせください。

    専任教員募集情報

    • 認定看護管理者教育機関認定の要件に定める専任教員の要件は、以下のとおりです。
    • 1)日本国の看護師免許を有する者。
    • 2)
      担当する教育課程ごとに以下のいずれかに該当する者であって、認定看護管理者教育課程について十分な理解とカリキュラム進行及び調整能力を有している者である。認定看護管理者であり、看護に関する教育歴があることが望ましい。
      • (1)
        ファーストレベル
        • 認定看護管理者教育課程セカンドレベル以上を修了した者であって、看護師長相当以上の管理経験を有する者。
        • 大学院において看護管理専攻または管理に関する学問領域を専攻し修士号を取得した者であって、看護師長相当以上の管理経験を有する者。
        • 上記と同等以上の能力が認められる者。
      • (2)
        セカンドレベル
        • 認定看護管理者教育課程セカンドレベル以上を修了した者であって、管理経験を有する者。
        • 大学院において看護管理専攻または管理に関する学問領域を専攻し修士号を取得した者であって、管理経験を有する者。
          • ①、②の管理経験は副看護部長相当以上での経験であることが望ましい。
           
        • 上記と同等以上の能力が認められる者。
      • (3)
        サードレベル
        • 認定看護管理者教育課程サードレベルを修了した者であって、副看護部長相当以上の管理経験を有する者。
        • 大学院において看護管理専攻または管理に関する学問領域を専攻し修士号を取得した者であって、副看護部長相当以上の管理経験を有する者。
        • 上記と同等以上の能力が認められる者。
    • 3)3年以上継続してその任にあたることができる者が望ましい。
    • 現在、専任教員の募集情報はありません。

    フォローアップ研修開催情報

    • 現在、フォローアップ研修情報はありません。

    資格認定制度に関するお問い合わせ

    よりよいウェブサイトにするために
    みなさまのご意見をお聞かせください