健康と療養のための地域包括ケアを支える看護提供体制の構築

訪問看護師倍増策の推進

国の推計では、2025年には約12万人の訪問看護従事者が必要とされていることから、2019年度に本会は「日本看護協会が提案する訪問看護師倍増策」を策定、公表しました。2020年度は、同策にのっとり、訪問看護従事者の確保に向けた事業の展開を行います。同時に、多様なニーズに広く対応することができる看護小規模多機能型居宅介護(看多機)についても、さらなる普及を目指した取り組みを進めます。

お知らせ

2021年4月28日
2020年度「訪問看護を提供する医療機関と訪問看護ステーションの連携に関する委託事業」実施報告書を掲載しました。
2021年4月19日
「2021年度 訪問看護総合支援センター試行事業に関する委託事業」について掲載しました。
2021年3月31日
「看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)」ページを更新しました。
2021年2月9日
発行物掲載のお知らせ
  • チラシ「訪問看護ステーションで働きませんか?」を掲載しました。