看護職の方へ

地域包括ケアを担う人材の確保(保健師関連事業)

2018年度、日本看護協会は保健師の人材確保・定着策について自治体にヒアリングを行い、保健師の人材確保モデル案を作成しました。19年度は、モデル案の試行を通して普及を図り、保健師の確保・定着を推進します。また、これまでの新任保健師を対象とした事例検討会の取り組みをさらに発展させ、看護職や多職種が連携して地域の課題を明確にし、解決策を検討する場をつくります。

入会のご案内

保健師の皆さまには、ぜひ日本看護協会にご加入いただき、より良い活動を展開していただきたいと願っております。共に、これからの保健師活動の基盤を強化していきましょう。

お知らせ

2018年10月30日
「平成30年度 保健師の活動基盤に関する基礎調査」は終了しました。
  • ご協力いただき誠にありがとうございました。詳しい調査結果は2019年4月に発表予定です。

新任期の保健指導技術のスキルアップや、中堅期保健師の実践力の向上、統括保健師の人材育成に向けたプログラムを公開中です。

「地域における重症化予防対策」に関する情報はこちらからご覧いただけます。データヘルスの推進に関する取り組みを掲載しています。

市町村での保健師活動の推進に向けた報告をまとめています。現場での活動の見直しや改善、現任教育などにご利用ください。

「地域包括ケアシステムの構築・推進」に関する情報はこちらからご確認いただけます。

「地域における保健師の保健活動に関する指針」が見直されました。本会では、指針を読み解くためのガイドを作成しました。詳しくはこちらからご覧ください。