保健師

    令和4年度活動方針

    令和3年度に実施した「生活習慣病予防・重症化予防における保健師の活動に関する情報収集」に引き続き、令和4年度は所属を超えた看護職の連携が重要であることから、「地域における看護職による健康・療養支援」について情報収集を行います。重点1-2事業と連携しながら、地域の健康・療養支援における保健師の役割について検討します。

    「保健師のネットワーク及び組織強化」については、令和3年度に実施した課題発見・意見集約により、職能団体としての意義や個々のつながりの必要性を伝えていくという方向性を整理しました。令和4年度は、保健師のネットワークと入会促進の現状・課題を整理し、今後の具体的な活動方策について検討します。また、ネットワークという視点から新型コロナウイルス感染症対応を振り返り、体制整備に係る現場の課題を整理します。

    令和4年度活動内容

    • 1. 地域における看護職による健康・療養支援に関する情報収集・課題発見
      上記実態把握・課題整理を行い、地域での健康・療養支援における保健師の役割について検討する。
    • 2. 保健師のネットワーク及び組織強化に向けた検討
    • ① 保健師間ネットワーク及び組織強化について現状と課題を整理し、今後の活動方策について検討する。
    • ② 入会促進に向けた活動内容を検討し、実施・評価する。
    • ③ 新型コロナウイルス感染症対応体制の整備に係る現場の課題を整理する。

    よりよいウェブサイトにするために
    みなさまのご意見をお聞かせください