看護基礎教育制度改革の推進

准看護師制度の課題解決に向けた取組み

准看護師教育制度については、1996年に当時の厚生省「准看護婦問題調査検討会報告書」において「21世紀の初頭の早い段階をめどに看護婦養成制度の統合に努める」と提言されていますが、いまだ実現に至っていません。

疾病構造の変化や少子高齢化の進展により、医療・看護をめぐる状況は大きく変化しています。高齢化によって、複数の疾病を抱えるなど看護の対象者は複雑化・多様化し、加えて在院日数の短縮化で、医療依存度の高い在宅療養者が増加しています。こうした社会の変化・患者や利用者のニーズに応えるためには、准看護師養成は、教育内容・時間ともに不足しています。
そのため、本会では、引き続き、准看護師養成の停止を目指し、准看護師養成所から看護師養成所への転換を促進するとともに、現在活動している准看護師の研修や進学支援に取り組みます。
加えて、看護師と准看護師の資格・業の違い及び看護補助者の業務のあり方に関して目指す姿を示すため「看護チームにおける看護師・准看護師及び看護補助者の業務のあり方に関するガイドライン及び活用ガイド」を作成し、2018年度に公表。2019年度はその周知に取り組みました。

厚生労働省「看護基礎教育検討会」(2018〜2019年)において「准看護師に求められる実践能力と卒業時の到達目標」が新たに策定され、看護師との役割の違いが具体的に示されました。本年度は「看護チームにおける看護師・准看護師及び看護補助者の業務のあり方に関するガイドライン及び活用ガイド」に関して、「看護師等養成所の運営に関する指導ガイドライン」の改正に伴う改訂を行った上で、よりいっそうの周知と臨床の場での活用促進に取り組みます。

お知らせ

2019年2月26日
「看護チームにおける看護師・准看護師及び看護補助者の業務のあり方に関するガイドライン及び活用ガイド」を公表しました。

2020年度の事業

1. 「看護チームにおける看護師・准看護師及び看護補助者の業務のあり方に関するガイドライン及び活用ガイド」の普及
2. 現在就業する准看護師への支援
3. 准看護師養成所の新設阻止、准看護師養成所の看護師養成所への転換促進
  • 准看護師養成停止に向けた新設阻止および課程変更に向けた活動強化