国際情報

ICNからのお知らせ

各種お知らせ

2017年第26回ICN4年毎大会(バルセロナ)

ICN 地域学術集会(ICNフォーラム)中止のお知らせ

2016年11月にタイ・バンコクで開催を予定していたICN地域学術集会(ICNフォーラム)は、ICN本部の決定により開催が中止となりました(2016年7月4日時点)。

ICN本部(ジュネーブ)でインターン2種を募集しています。

詳細は、ICN本部にお問い合わせください。

ICN/ ICM/ WHO 三者声明

  • 国際看護師協会(ICN)、国際助産師連盟(ICM)、および世界保健機関(WHO)が主催し2年毎に開催される三者会議*において取りまとめられる声明です。
  • 上記会議に続いて開催される世界保健総会(WHA)において、各国代表者などに対し看護・助産の重要性をロビー活動する際に用いると同時に、参加者などが情報提供、提言活動などで活用することが期待されています。
  • 去る5月にジュネーブで開催された第6回会議では、持続可能な開発目標(SDGs)、WHO「保健人材の世界戦略:労働力2030」及びWHO「看護と助産を強化するための世界的戦略方向性2016-2020」における看護と助産のリーダーシップや今後に向けた優先事項に焦点が当てられました。
*三者会議

【目的】看護・助産の政府代表者、看護協会及び規制担当者の安定したコミュニケーションと協働を図る

【主催】国際看護師協会(ICN)、国際助産師連盟(ICM)、および世界保健機関(WHO)

ICNワーク・フォース・フォーラム共同声明

第21回ICNワークフォース・フォーラム(2015年9月28日〜30日)於:フィンランド・ヘルシンキ
参加国とICNは、全ての政府に対し保健医療における看護の価値を再確認することを求め、共同声明を発表しました。