国際情報

看護師の倫理綱領

ここに掲載している日本語訳の「ICN 看護師の倫理綱領」は、こちらからPDF形式でダウンロードできます。

ICNホームページからも、多数の言語に訳された「ICN 看護師の倫理綱領」をダウンロードすることができます。

看護師の倫理に関する国際的な綱領は、1953年に国際看護師協会(ICN)によって初めて採択された。その後、この綱領は何回かの改訂を経て、今回、2012年の見直しと改訂に至った。

前文

看護師には4つの基本的責任がある。すなわち、健康を増進し、疾病を予防し、健康を回復し、苦痛を緩和することである。看護のニーズはあらゆる人々に普遍的である。

看護には、文化的権利、生存と選択の権利、尊厳を保つ権利、そして敬意のこもった対応を受ける権利などの人権を尊重することが、その本質として備わっている。看護ケアは、年齢、皮膚の色、信条、文化、障害や疾病、ジェンダー、性的指向、国籍、政治、人種、社会的地位を尊重するものであり、これらを理由に制約されるものではない。

看護師は、個人、家族、地域社会にヘルスサービスを提供し、自己が提供するサービスと関連グループが提供するサービスの調整をはかる。

倫理綱領

「ICN 看護師の倫理綱領」には、4つの基本領域が設けられており、それぞれにおいて倫理的行為の基準が示されている。

倫理綱領の基本領域

  • 看護師と人々
    • 看護師の専門職としての第一義的な責任は、看護を必要とする人々に対して存在する。
    • 看護師は、看護を提供するに際し、個人、家族および地域社会の人権、価値観、習慣および信仰が尊重されるような環境の実現を促す。
    • 看護師は、個人がケアや治療に同意する上で、正確で十分な情報を、最適な時期に、文化に適した方法で確実に得られるようにする。
    • 看護師は、個人情報を守秘し、これを共有する場合には適切な判断に基づいて行う。
    • 看護師は、一般社会の人々、とくに弱い立場にある人々の健康上のニーズおよび社会的ニーズを満たすための行動を起こし、支援する責任を社会と分かち合う。
    • 看護師は、資源配分および保健医療、社会的・経済的サービスへのアクセスにおいて、公平性と社会正義を擁護する。
    • 看護師は、尊敬の念をもって人々に応え、思いやりや信頼性、高潔さを示し、専門職としての価値を自ら体現する。
  • 看護師と実践
    • 看護師は、看護実践および、継続的学習による能力の維持に関して、個人として責任と責務を有する。
    • 看護師は、自己の健康を維持し、ケアを提供する能力が損なわれないようにする。
    • 看護師は、責任を引き受け、または他へ委譲する場合、自己および相手の能力を正しく判断する。
    • 看護師はいかなるときも、看護専門職の信望を高めて社会の信頼を得るように、個人としての品行を常に高く維持する。
    • 看護師は、ケアを提供する際に、テクノロジーと科学の進歩が人々の安全、尊厳および権利を脅かすことなく、これらと共存することを保証する。
    • 看護師は、倫理的行動と率直な対話の促進につながる実践文化を育み、守る。
  • 看護師と看護専門職
    • 看護師は、看護実践、看護管理、看護研究および看護教育の望ましい基準を設定し実施することに主要な役割を果たす。
    • 看護師は、エビデンスに基づく看護の実践を支援するよう、研究に基づく知識の構築に努める。
    • 看護師は、専門職の価値の中核を発展させ維持することに、積極的に取り組む。
    • 看護師は、その専門職組織を通じて活動することにより、看護の領域で、働きやすい労働環境をつくり出し、安全で正当な社会的経済的労働条件を維持する。
    • 看護師は、自然環境が健康に及ぼす影響を認識し、実践において自然環境の保護と維持を図る。
    • 看護師は、倫理的な組織環境に貢献し、非倫理的な実践や状況に対して異議を唱える。
  • 看護師と協働者
    • 看護師は、看護および他分野の協働者と協力的で相互を尊重する関係を維持する。
    • 看護師は、個人、家族および地域社会の健康が協働者あるいは他の者によって危険にさらされているときは、それらの人々や地域社会を安全に保護するために適切な対応を図る。
    • 看護師は、協働者がより倫理的な行動をとることができるように支援し、適切な対応を図る。

訳注

この文書中の「看護師」とは、原文では nursesであり、訳文では表記の煩雑さを避けるために「看護師」という訳語を当てるが、免許を有する看護職すべてを指す。

訳注

All rights, including translation into other languages, reserved. This work may be reprinted and redistributed, in whole or in part, without alteration and without prior written permission, provided the source is indicated

他の言語への翻訳権も含めて、この出版物は著作権を有しています。この著作物は、改変を加えず、かつ、出典を明記するという条件の下で、事前の書面承諾を得ずに、一部または全部を転載・配布していただけます。

Copyright © 2012 by ICN-International Council of Nurses, 3, Place Jean-Marteau, 1201 Geneva (Switzerland)

ISBN: 978-92-95094-95-6

2013年7月 公益社団法人日本看護協会訳

訳注:日本語版「ICN看護師の倫理綱領(2012年版)」の著作権は本会に帰属しております。
転載する場合には、日本看護協会へ許諾を申請してください。また、利用する場合には、出典元として、日本看護協会および国際看護師協会(ICN)を明記してくださるようお願いいたします。

日本看護協会 訳