日本看護協会とは

専務理事からのワークリポート

月刊『看護』2021年2月号より

専務理事 勝又 浜子

専務理事 勝又浜子

2020年度第9回常務理事会(12月11日)報告

新型コロナウイルスの拡大が止まりません。私たちの日常に大きな変化がもたらされています。12月22日(火)に記者会見を開催いたしました。皆さまからご協力をいただきました「看護職員の新型コロナウイルス感染症に関する実態調査」(9月8日〜28日)の結果を公表するとともに、福井トシ子会長から看護職員および国民の皆さまへメッセージを送らせていただきました。就業中の看護職の方からの回答によると、0.2%(3万8335人中69人)の方が新型コロナウイルスに感染しておられました。日本看護協会としても寄付金の一部を活用し、「新型コロナウイルス感染症対応医療従事者支援制度」創設に尽力してまいりました。この制度は、コロナに罹患された看護職の方に対して、休業補償金20万円をお支払いするものです。医療機関等がこの保険に加入して「もしもの時」に備えてください。
さて、今回は12月11日に開催された第9回常務理事会の概要についてお伝えいたします。

2020年度第9回常務理事会

1. ジャニーズ事務所からの「Johnny's Smile Up!Project 基金」(寄付金)の受入および使途について議論し、承認を得ました。

株式会社ジャニーズ事務所から、本会事業への使途特定単独寄附金として、高額な寄附「Johnny's Smile Up!Project 基金」のお申し出がありました。
1)寄付額:株式会社ジャニーズ事務所より5億円、
2)寄付金の名称:「Johnny's Smile Up!Project 基金」、
3)寄付の趣旨:株式会社ジャニーズ事務所で企画・実施された「Johnny's Smile Up!Project」の売り上げの一部をコロナ禍で人々のために最前線で戦う看護職や将来看護職をめざす方々のために役立てる。
4)寄附金の使途:①認定看護師の育成に関する事業、②看護師等学校養成所への支援事業

2. 2020年度認定看護師対象のキャリアアップ研修会開催について議論し、承認を得ました。ぜひ、受講してください。

1)目的:がん看護領域の認定看護師の専門性をさらに発揮するために、特定行為研修の受講意義と期待される役割および特定行為研修の実際から特定行為研修への受講動機を高める。
2)目標:①がん看護領域の認定看護師の特定行為研修への受講動機の向上が図られる。②特定行為研修の受講までの具体的な準備について情報を得られる。
3)開催時期:2021年2月13日(土)12:30〜15:30。
4)対象および方法(図表1)。
5)申込期間:2021年1月12日(火)〜 1月15日(金)(本会公式ホームページより申し込みとし、応募状況により延長を行う)。
6)受講料:3500 円(税込み)2021年1月27日(水)入金締切。

図表1

3. 新規情報提供「コロナ禍における新人看護職員研修」について協議し承認を得ました。

1)目的:2021年度新人看護職員研修の充実に向けて、看護管理者および新人教育の担当者を対象に、厚生労働省の研修事業概要と現場への期待、看護基礎教育における実態調査結果および結果に基づく新人看護職員研修で強化を希望する内容について情報提供を行う。さらに、臨地実習の経験が少ない新人看護職員に強化が必要とされる項目について、大規模および中小規模病院における実践事例について、広く情報提供を行う。
2)方法:Zoom ウェビナーを用いたリアルタイム配信とする。なお、講義資料および録画した動画を本会公式ホームページに掲載する。
3)実施日:2021年2月22日(月)14:00〜16:00(本会公式ホームページ掲載期間:2021年3月〜9月末)。
4)申込期間:2021年2月1日(月)〜2月5日(金)(本会公式ホームページより申し込みとし、応募状況により延長を行う)。
5)定員:300名(先着順)。
6)受講料:無料

  • 月刊看護2月号TOPICS(p.28-30)