専務理事からのワークリポート

機関誌「看護」2024年6月号より

専務理事 勝又 浜子

2024年度第1回常務理事会(4月19日)報告

専務理事 勝又浜子

4月13日(土)、サ高住に入居している両親と妹との4人で桜が満開の彦根城周辺をドライブしました。母は、楽しみながら「きれいやな~。雨が降ったらパ~やな~」と何度も同じ話を繰り返していました。父はずっ~と前を見ているだけ。父と私の母校で城内にある彦根東高校の前を通っても反応なし。あのしっかりしていた父は、どこにいったのかと悲しくなりました。その昔の桜の季節、友人たちと校庭を抜け、お堀に足を投げ出してお弁当を食べていたら、風景が悪くなるのでやめるよう注意されたことを妹に話して大笑いしました。母は、このドライブをどれだけ覚えてくれているでしょうか。さて今回は、令和6年度初めての第1回常務理事会(2024年4月19日)の概要についてお伝えします(※)。

第1回 常務理事会

1. 厚生労働省「高齢者権利擁護等推進事業」2024年度「介護施設等における看護指導者養成研修」の実施について(案)協議し、承認を得ました。

1)企画の意図: 

①都道府県で開催される「看護実務者研修」の企画・立案への参画や所属施設等で、専門的知識や技術を用いた実践や研修ができる人材を育成する。
②地域において、権利擁護に関する情報共有・連携等のネットワークを構築し、推進できる人材を育成する。

2)開催方法: 
講義動画の配信とZoomによるオンライン研修(リアルタイム配信)
3)開催日程: 
①講義動画の配信:8月19日(月)~10月21日(月)
②Zoomによるオンライン研修:
 ・1日目:11月13日(水)10時00分~17時00分
 ・2日目:12月19日(木)14時00分~17時00分
4)応募期間: 
6月12日(水)~6月27日(木)
5)定  員: 
100名
6)受講要件: 
①~③のいずれかを満たす者
①介護施設等に勤務する看護師で、看護の指導的立場にある者
②研修修了後に、各都道府県で開催される「看護実務者研修」の企画・立案への参画や講師などが期待できる看護師
③介護施設等に勤務する看護師で、研修修了後に自施設等で専門的知識や技術を用いた実践や研修が実施できる看護師
7)受 講 料: 
5万円
8)申し込み方法: 

 

都道府県高齢者保健福祉担当部署に所定の様式で提出

2. 「分娩取扱施設における災害発生時の対応マニュアル作成ガイド」改訂「分娩取扱施設等における新興・再興感染症対応マニュアル作成ガイド」編集・印刷・製本、配送について(案)協議し、承認を得ました。

・ガイドについては、9月下旬に本会ホームページに掲載予定

3. 助産師の魅力・情報発信事業PR動画の作成実施要項(案)について協議し、承認を得ました。

1) 
目的: 助産師が母子へのケアや妊娠・出産のみならず、生涯を通した支援者であるというその役割を認識してもらう/助産師が性と生殖にかかわる健康相談や教育活動を通して家族や地域社会に広く貢献する専門職であるというその専門性を認識してもらう/助産師は、病院に限らず、学校、市町村、行政、助産所等、地域の身近なところで活動しているというその活動の場を認識してもらう/助産師が活き活きと働いている姿を発信し、助産師の確保につなげる。
2) 
実施内容: 多くの方に長期的に助産師の魅力や活動等を紹介するPR動画を作成する。
3) 
動画の仕様: 3分ver.および15秒ダイジェストver.の2種。
4) 
動画の公表: 「いいお産の日」がある11月下旬に本会ホームページに掲載予定。

※ そのほか、看護補助者の確保・定着推進事業 実施要項(案)、認定看護管理者教育課程の検討について(案)、認定看護管理者の個人審査の見直しについて(案)、認定看護師および専門看護師の個人審査の変更について(案)協議し承認を得ましたが、理事会での審議決定事項となっています。

よりよいウェブサイトにするために
みなさまのご意見をお聞かせください