日本看護協会とは

専務理事からのワークリポート

月刊『看護』2022年2月号より

専務理事 勝又 浜子

専務理事 勝又浜子

2021年度第9回常務理事会(12月10日)報告

滋賀県出身の私は、やはり、土日に京都見物をしてお買い物をしたのが青春の思い出です。帰宅後、家でファッションショーをしていい気分になる。そして、極めつけは、四条寺町にある林万昌堂の甘栗(これは、どれを食べてもはずれがない逸品)と新京極にあるロンドンヤのロンドン焼き(中が白こし餡のカステラ饅頭)。カチャカチャと機械が饅頭をつくっていく様子を見ながら出来立てを食べつつ、お土産を買って帰るのが楽しみでした。昨日、林万昌堂の甘栗が手に入り、誰にも邪魔されず、いっぱーーーい食べました。うふふ。
さて、今回は、令和3年度第9回常務理事会の協議事項等の一部をご紹介します。

2021年度第9回常務理事会

1.公式ホームページリニューアルの構築について(案)について議論し承認を得ました。
1)現状のホームページの主な課題
(1)
閲覧したい情報に、早く正確にアクセスできない。
(2)
看護職をめざす皆さま、国民の皆さまへのページが興味・関心を持つコンテンツになっていない。
(3)
日本看護協会のテーマカラーがないため統一感がない。
(4)
入会のご案内が目立たない、入会までのステップが簡単になっていない。
2)リニューアルするホームページの仕様
(1)
目的:①看護のプレゼンスの向上に向けて公式ホームページを通じた情報発信、②効果的な情報発信に向けて閲覧ターゲットごとにアプローチを実施、③社会的な課題に迅速に対応できる情報発信ができるよう公式ホームページの運用体制を強化
(2)
対象:①看護職(会員を含む)、②小中高生などで看護職をめざす若年層、若年層の保護者や教員、③国民
(3)
方針:①ホームページ全体のデザイン・構成を見直し刷新する、②内容は現在のページを整理して移行する、③特設サイト(准看護師の進学情報サイト、看護師の特定行為研修制度ポータルサイトなど)の位置づけは継続
(4)
イメージ:①ホーム、②看護職の皆さま、③看護職をめざす皆さま(若年層※社会人含む、その保護者・教員)、④国民の皆さま、⑤会員の皆さま
(5)
追加する機能:①アンケート機能、②新着メール配信、③問い合わせフォーム、④評価機能、⑤SNSシェアボタン、⑥サイト内検索
(6)
ホームページリニューアル公開・運用開始日:2023年2月15日(水)予定
2. JNA収録DVD研修のDVD制作について(案)について協議し承認を得ました。
1)
事業概要と経緯:2022年度教育計画におけるJNA収録DVD研修は、2研修の講義動画を撮影・収録・編集し、DVDの制作を行います。収録する研修は①「認知症高齢者の看護実践に必要な知識」、②「災害支援ナースの第一歩〜災害看護の基本的知識〜」とします。都道府県看護協会において6月から12月にかけて研修会を開催予定。
3.「忘れられない看護エピソード〜いのちを守り、支えるプロフェッショナル」審査結果について報告がありました。
1)
募集期間:2021年9月13日(日)〜10月29日(金)
2)
応募総数:613件
3)
公表:2022年5月8日(日)「看護の日」イベント内の表彰式で公表、本会公式ホームページに掲載し、アニメーション化する予定です。お楽しみに。
4.第53回(2022 年度)日本看護学会学術集会について報告がありました。

集会は、地域包括ケアのさらなる推進を目的に、あらゆる場で働く看護職が一堂に会して意見交換し課題解決をめざします。看護が活躍するさまざまな場を想定し、3職能が一堂に会することができるのは、日本看護学会学術集会の特徴です。その特徴を生かし、2021年度より日本看護学会学術集会は、領域を一元化し、「看護の将来ビジョン」の項目を基に、新たな演題登録区分を設定いたしました。メインテーマは「変化する社会で求められる看護の役割〜地域における健康・療養支援の強化〜」です。開催場所と時期ですが、札幌コンベンションセンター(北海道)、2022年9月1日(木)・2日(金)と、幕張メッセ(千葉県)2022年11月8日(火)・9日(水)です。多くの方の参加をお待ちしています。