看護の日

都道府県別の行事

全国の「看護の日」イベントのご案内

ふれあい看護体験」とは?

「1日まちの保健室」やフォーラム・お笑い・演劇・コンサート、「出前授業」など、若いかたからお年寄りまでご参加いただける各県独自のイベントを、各地で開催いたします。各行事の詳しい実施内容と実施日、参加方法は、下記「都道府県別リスト」の通りです。


1日まちの保健室

都道府県協会や商業施設の一角で血管年齢測定や骨密度測定などの健康チェックができる、臨時の「保健室」を開きます。妊婦やお年寄りになる体験コーナーなど、工夫を凝らしたイベントが盛りだくさん。この機会にぜひ体験してください!

ふれあい看護体験

医療・福祉施設が地域住民(主に中高生)に門戸を開き、施設見学や簡単な看護体験を通して「看護の仕事」を知ってもらうイベントです。

普段直接関わる機会の少ない医療関係者との交流を図ることができ、現在では、看護週間に限らず、夏休みや年間を通して実施する施設も増えています。

みんなで話そうー看護の出前授業

病院などの医療現場で活躍する看護師・助産師や、看護学校の教員などが「看護」の仕事についての紹介や体験を、中学・高校生に伝えます。毎年、聴診器を使って自分や友達の心臓の音を聴いたり、赤ちゃんの抱きかたを学ぶ体験など、さまざまな授業が繰り広げられます。