国際情報

活動

ICN大会・関連会議

ICNは、2年毎に開催される会員協会代表者会議(CNR)に合わせて、世界各国の看護師が集まるICN大会を開催しています。これらの大会は世界最大規模の看護学会であり、100カ国以上から約4,000人以上の看護師が参加しています。
大会では、テーマに沿った基調講演や演題発表などが行われるほか、シンポジウムやワークショップなども開催されます。大会の約1年前から抄録の募集が始まります。

ここでは、過去の大会・学術集会について紹介しています。今後開催される大会の最新情報については、「各種更新情報」ページからご確認ください。

【2017年ICN4年毎大会(スペイン・バルセロナ)について】
【2015年ICN学術集会(大韓民国・ソウル)について】

上記学術集会は、下記のように開催されました。

このページの先頭へ

活動報告

ICN2年毎報告書および各種ガイドラインなどの出版物つきましては、次のICNウェブサイトをご覧ください。

国際看護師の日

ICNは、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日である5月12日を「国際看護師の日(International Nurses Day)」と定めました。毎年、ICNは世界の保健医療や看護の方向性、トレンドを示すテーマを決め、テーマに関する情報を掲載した啓発文書を作成しています。

このページの先頭へ

社会経済福祉(SEW)

ICNでは、主に看護職の労働状況の改善のために、欧米の先進諸国を中心にICNワークフォースフォーラム、アジア圏を中心にアジアワークフォースフォーラムを毎年開催しています。各国の看護サービス制度、看護職の社会経済福祉に関する課題について情報交換、問題共有を行い、課題解決に向けた取り組みを行っています。

この会議は、各国看護師協会代表者が参加する会議で、英語で行われています。本会からは役員が毎年参加し、世界の看護を取り巻く労働条件についての情報収集を行い、日本における取り組みについて発表しています。この会議の様子は、協会ニュースまたは総会要綱等で報告しています。

ICNワークフォースフォーラム(ICN WFF)

ICN WFFは欧米先進国が参加しています。2016年時点での参加国は、オーストラリア、カナダ、フィンランド、アイスランド、アイルランド、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、アメリカ、日本(11カ国)です。日本以外の看護師協会は、職能団体としての役割のほか、労働組合としての活動を行っています。第22回は、2016年にアメリカで開催されました。

ICNアジアワークフォースフォーラム(AWFF)

AWFFは主にアジアの看護師協会が参加しています。中国、香港、インドネシア、韓国、マカオ、マレーシア、モンゴル、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、日本(12カ国)が参加しています。この会議と併せて、アジア看護師協会同盟(AANA)会議が開催されます。 この会議に参加しているアジアの看護師協会は労働組合としての活動は行っていません。2016年11月は、中国で開催されました。2017年は、11月に台湾で開催予定です。

このページの先頭へ

国際看護人材センター(International Center for Human Resources in Nursing:ICHRN)

ICHRNはICNとフローレンス・ナイチンゲール国際基金(FNIF)によって2006年に設立されました。  ICHRNは看護職の看護労働力に関する方針、マネージメント、研究、実践等に関するツール、基準や情報をオンラインで提供しています。オンラインライブラリーでは、現在350を超える看護労働力に関する各国からの情報を検索することができます。

このページの先頭へ

ICN ネットワーク

ICNは、国際的な意見交換や新たなアイデアの探求を通じて、患者の安全とケアの質向上に資することを目的として、テーマごとにネットワークを設置しています。2007年のICN横浜大会では学生ネットワークと災害ネットワーク、また2009年ICN南アフリカ大会では、看護教育ネットワークと遠隔看護ネットワークが新たに加わり、現在、研究やHIV-AIDSなどのネットワークが、ウェブサイトやICN大会でのネットワーク会議を通じて情報提供や活発な意見交換を行っています。

  • Disaster Response Network
  • HIV-AIDS Network
  • International Nurse Practitioner/Advanced Practice Nursing Network
  • Leadership For Change Network
  • Nursing Education Network
  • Regulation Network
  • Research Network
  • Rural and Remote Nursing Network
  • Student Network
  • Telenursing Network

このページの先頭へ

FNIF女子教育基金

FNIF(フローレンス・ナイチンゲール国際基金)女子教育基金」は、2005年5月の第23回ICN4年毎大会(台湾)において発足しました。開発途上国の女子教育支援を大きな目標としていますが、当面の目標としては支援の必要性および緊急性の最も高いエイズ孤児の就学支援に焦点を当てています。これは、2015年までに全ての子どもの初等教育修了を掲げる国連ミレニアム開発目標に沿って設立されたものです。

  • サハラ以南アフリカ地域のエイズの現状とICNの活動について
    この地域のHIV感染者・エイズ患者数は、世界中のHIV感染・患者数の3分の2を占めており、さらにその数は増加しています。これに伴い、エイズ孤児も増加を続けており、子どもたちの就学支援は最重要課題の一つとなっています。
    この基金は、2005年、ケニア、スワジランド、ウガンダ、ザンビアの10人の女児に対する支援から始まりました。その後、寄付の額が増加し、2013年現在、155人の女児の支援を行っています(ケニア23人、スワジランド35人、ウガンダ70人、ザンビア27人)。これまでに130人以上の女児が中等教育を卒業しました。現在、このプロジェクトで支援を受けている女児が学校を卒業できるよう、継続的な支援が必要となっています。
  • 日本看護協会の対応
    ICNの会員として、女子教育基金の理念に賛同し、国際協力の一環として基金への協力を行っています。初年度(2005年度)は、4000ドル(20人分 ※)の寄付協力を行いました。2006年度以降は義務教育期間である9年間の継続支援を行うため、年間2000USドル(10人分 ※)、10年間で総額22,000USドル(約220万円)の寄付協力支援を行うことを決定しています。
    ※ ひとりあたり1年間の初等教育費用(制服・教科書、昼食代、学費)を200ドルとして算出。
  • FNIFの女子教育基金の理念・ニーズや資金調達についてはこちら [PDF 19KB]を参照ください。PDFリンク
  • FNIFの仲間たち ニュースレター