看護職の方へ

保健師関連事業について

新たな健康課題が次々と顕在化する中、全国で働く保健師は人々の健康を守るべく、既存の活動の上に、さらに必要な取り組みを積み上げ続けてきています。例えば、虐待、認知症、自殺者の増加や、災害などの健康危機対応やその後の支援など、保健師活動にはさまざまな課題があります。日本看護協会では、関連する法律や施策の動向、社会のニーズ、世界的な動きを把握し、円滑な保健師活動のための情報発信や各種要望活動を行っています。

入会のご案内

保健師の皆さまには、ぜひ日本看護協会にご加入いただき、より良い活動を展開していただきたいと願っております。共に、これからの保健師活動の基盤を強化していきましょう。

全国保健師交流集会

6月13日(水曜日)9時30〜16時 パシフィコ横・会議センター(神奈川県横浜市)において「平成30年度全国保健師交流集会」を開催します。本会会員の皆さまはもちろん、非会員の方もご参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちしております。
【参加費】会員無料、非会員1,000円
事前申込は終了しております。参加ご希望の方は、当日受付へ直接おいでください。
当日のプログラム、会場までのアクセスは「全国職能別交流集会」からご確認ください。

新任期の保健指導技術のスキルアップや、中堅期保健師の実践力の向上、統括保健師の人材育成に向けたプログラムを公開中です。

「地域における重症化予防対策」に関する情報はこちらからご覧いただけます。データヘルスの推進に関する取り組みを掲載しています。

市町村での保健師活動の推進に向けた報告をまとめています。現場での活動の見直しや改善、現任教育などにご利用ください。

「地域包括ケアシステムの構築・推進」に関する情報はこちらからご確認いただけます。

「地域における保健師の保健活動に関する指針」が見直されました。本会では、指針を読み解くためのガイドを作成しました。詳しくはこちらからご覧ください。