看護実践情報

看護倫理

自らの行動を律する職業倫理規定を有することは専門職の条件の一つです。 日本看護協会が1988年「看護師の倫理規定」を示して以来、医療の高度化・複雑化、国民の医療に対する権利意識の高まりなどに伴い、看護専門職を取り巻く状況は大きく変化し、多くの複雑かつ困難な倫理的問題に直面するようになりました。

このため本会では2002年度から「看護師の倫理規定」の見直しと改訂に取り組み、2003年新しい「看護者の倫理綱領」を公表しました。

看護者が適切な倫理的判断を行う拠りどころとして、本綱領をそれぞれの現場で、また、さまざまな研修会などでご活用ください。

看護倫理 - 看護職のための自己学習テキスト

看護職のための自己学習テキスト

2008年2月本会は、本会公式ホームページに新規コンテンツ「看護倫理ー看護職のための自己学習テキスト」を掲載しました。

本コンテンツは、看護職の皆様が現場で悩んだり疑問を感じたりした際に、前向きな対応ができるよう、そのヒントとなる情報を幅広く提供するものです。

「看護者の倫理綱領」のやさしい解説や事例分析を通した看護のあり方のほか、社会的関心の高い倫理的話題およびそれに対する看護職の基本的考え方などを随時掲載していきます。

日々の看護に悩んだとき、後輩や部下からの相談に応じるとき、倫理に関する勉強会に参加するとき、報道を通して高度医療等に伴う倫理的問題に興味をもったときなどに、そのヒントや参考資料としてご活用ください

看護倫理に関する情報

2015年4月9日【人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドラインについて(平成27年3月改訂)】

厚生労働省は、従来「終末期医療」と表記していたものについて、「人生の最終段階における医療」に変更しました。これは、最期まで尊厳を尊重した人間の生き方に着目することが重要であるとの考え方によるものです。
これに伴い、「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン(平成19年5月)」の名称と本文中の用語を変更し、「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」となりました。 詳細は下記をご参照ください。

このページの先頭へ