生涯学習支援

認定看護師教育

看護研修学校(東京都清瀬市)は7学科(救急看護、集中ケア、皮膚・排泄ケア、感染管理、糖尿病看護、小児救急看護、認知症看護)を、神戸研修センター(兵庫県神戸市)は3課程(がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア)を開講しています。

お知らせ

看護研修学校より

神戸研修センターより

2014年6月18日

【お知らせ】

平成26年度認定看護師教育課程入学選抜試験合格受験番号の発表 PDFリンク [PDF:65.5KB]

平成26年度入学選抜試験(平成26年5月21〜23日)の合格受験番号を掲載しました。

募集要項

本会での認定教育は看護研修学校と神戸研修センターの2ヶ所で実施しています。入学についての詳細は、入学案内をご覧ください。

当年度の入学選抜試験<筆記試験>は、会員ダイレクトよりご覧になれます。

(看護研修学校4月から9月、神戸研修センター10月から翌年9月末日)

カリキュラム等は課程一覧よりご確認ください。

学科・課程一覧

カリキュラム等は下記詳細をクリックしてご確認ください。

教育機関 看護研修学校 神戸研修センター
課程の名称 認定看護師教育課程 認定看護師教育課程
研修期間

1年(4月1日から3月31日)登校期間は5月〜12月

6ヶ月(9月1日〜2月末日)

課程と定員 定員 定員
救急看護 30人 [詳細はこちら]
集中ケア 30人 [詳細はこちら]
皮膚・排泄ケア 30人 [詳細はこちら]
緩和ケア 30人 [詳細はこちら]
感染管理 30人 [詳細はこちら] 30人 [詳細はこちら]
がん化学療法看護 30人 [詳細はこちら]
糖尿病看護 30人 [詳細はこちら]
小児救急看護 30人 [詳細はこちら]
認知症看護 30人 [詳細はこちら]
総授業時間数 810時間 600から630時間
学費

入学金 会員50,000円、
非会員75,000円
授業料 会員700, 000円、
非会員1,050,000円
(平成22年度)

授業料65万円(入学金を含む)+実習費10万円

緩和ケア課程は日本財団から一部助成金があります。

特徴

東京都で認可された専修学校です。学割及び(財)国際看護師協会 東京大会記念奨学基金 認定看護師教育課程奨学金 、日本学生支援機構等の奨学金が利用できます。

問合せ TEL:042-492-7464 (教務係) TEL:078-230-3250(代表)

教育理念

高度・専門分化する医療をはじめ、変化する保健医療福祉環境の中で、看護の役割が拡大し、臨床においても質の高い看護ケアが求められている。この看護現場でのケアの質の向上を図ることを目的に、特定の看護分野において、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護実践のできる認定看護師を育成する。

教育目的

特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて看護実践ができ、他の看護職者のケア技術の向上に資する認定看護師を育成する。

沿革

1996年10月 看護教育研究センターで、認定看護師教育課程「救急看護」と「創傷・オストミー・失禁(WOC)看護」を開始
1998年10月 「重症集中ケア」「ホスピスケア」を開講
2000年4月 これまでの教育を看護研修学校に移行し、1年間の専修学校専門課程とする。同年、「感染管理学科」を開講
2000年10月 神戸研修センター 「がん化学療法看護」開講
2001年4月 看護研修学校 「糖尿病看護学科」開講
2002年10月 神戸研修センター 「不妊看護」開講
2004年10月 神戸研修センター 「ホスピスケア」「感染管理」開講
2005年4月 看護研修学校 「小児救急看護学科」「認知症高齢者看護学科」開講
2007年7月

認定看護分野の名称変更に伴い学科名を変更

「重症集中ケア」→「集中ケア」

「WOC看護」→「皮膚・排泄ケア」

「ホスピスケア」→「緩和ケア」

「不妊看護」→「不妊症看護」

「認知症高齢者看護」→「認知症看護」

2008年3月 看護研修学校 「緩和ケア学科」 休止
2009年3月 神戸研修センター 「不妊症看護」教育機関の有効期間終了
2010年3月 看護研修学校 「緩和ケア学科」 閉講

お問い合わせ

お問い合わせ先

看護研修学校 電話 042-492-7211(代表)
神戸研修センター 電話 078-230-3250(代表)

このページの先頭へ