看護の日

「忘れられない看護エピソード」

忘れられない看護エピソード」は、「看護の日・看護週間」事業の一環として看護職、一般の方々から看護にまつわる心温まるエピソードを募集したものです。毎年、看護週間の期間中に表彰式を開催しています。

第7回「忘れられない看護エピソード」

5月7日(日曜日)に表彰式を開催。抽選で150名様をご招待します。

ご希望の方は表彰式の詳細や応募方法をご確認の上、お申し込みください。

日時
5月7日(日曜日)14時〜16時
会場
日本看護協会ビル JNAホール(東京都渋谷区)
内容
最優秀賞・内館牧子賞の表彰/特別審査員・内館牧子さん(脚本家)による講評/ゲスト審査員・川島海荷さん(「看護の日」PR大使)による受賞作品の朗読とトークショー
申込方法
@〜Fを明記し、はがき・ファクス・Eメールのいずれかで送付してください。
①郵便番号②住所③氏名④年齢⑤電話番号⑥職業⑦来場希望人数
申込締切
4月20日(木曜日)※必着
申込先
第7回「忘れられない看護エピソード」表彰式観覧申込事務局
〒164-0011 東京都中野区中央2-37-6 第7新栄ビル2F
【FAX】03-5925-2703
【Eメール】kango2017@jimukyoku-moushikomi.jp
※当選された方には観覧券をお送りいたします。
問合先
03-5989-1853

第6回「忘れられない看護エピソード」

初めて受賞作品を映像化しました

最優秀賞は、庄ア美恵さん(看護職部門)、野裕子さん(一般部門)

日本看護協会は5月8日(日曜日)、日本看護協会ビルJNAホールで、第6回「忘れられない看護エピソード」表彰式を開催し、約200人が来場しました。
今回は、3,305作品が全国各地から集まり、授賞式では、受賞20作品の発表と最優秀賞と内館牧子賞の表彰を行い、「看護の日」PR大使に就任した剛力彩芽さんによる最優秀賞2作品の朗読が行われました。
また今回は初めて作品の映像化(ショートムービー化)を実施しました。選ばれたのは夫の闘病を支える妻と看護師との交流をつづった一般部門の最優秀賞「静かな勇気」。表彰式で公開をし、その後、作中に出てくる看護師とお腹の赤ちゃんが12年の時を経てサプライズで登場しました。再開を熱望していた受賞者の野さんと文中に描かれた看護師の梅田さんと、小学6年生になったお子さんが抱き合う場面もあり、会場は温かな涙に包まれました。
こちらのページで受賞20作品のダウンロードと映像化作品を視聴できます。

任命証を手にする剛力さん 12年ぶりの再会を果たす野さん(左)と梅田さん親子 表彰式会場前
で「看護の日グッズ」の配布を実施

  

「静かな勇気」(再生時間約5分)

  

第6回「忘れられない看護エピソード」表彰式ダイジェスト版

第6回「忘れられないエピソード」集 【PDFダウンロード】

第6回「忘れられない看護エピソード」

エピソード集のPDFを閲覧・ダウンロードしていただけます。

※冊子の無料配布は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

第5回「忘れられない看護エピソード」

過去最多、3,536作品から最優秀賞が決定!

最優秀賞は、平安香由美さん(看護職部門)、川添芳身さん(一般部門)

日本看護協会は5月10日(日曜日)、日本看護協会ビルJNAホールにて、第5回「忘れられない看護エピソード」表彰式を開催し、受賞作品の発表と最優秀賞、内館牧子賞、「看護の日」25周年特別賞の表彰を行いました。
今回は、過去4回を上回る3,536作品が全国各地から集まりました。また、「看護の日・看護週間」事業のスタートから25年を記念して25周年特別賞を設け、受賞作品を人気作家・桜沢エリカさんが漫画化しました。

表彰式では特別審査員の内館牧子さん(脚本家)による講評のほか、ゲスト審査員で「看護の日」PR大使のホラン千秋さんらのトークショーが行われました。

表彰状授与
表彰状授与
漫画紹介
漫画紹介
内館牧子さんの講評
内館牧子さんの講評

第5回「忘れられないエピソード」集 【PDFダウンロード】

第5回「忘れられない看護エピソード」

エピソード集のPDFを閲覧・ダウンロードしていただけます。

※冊子の無料配布は終了しました。

第4回「忘れられない看護エピソード」

全国3,422作品から、最優秀賞が決定!

最優秀賞は、豊ア幸子さん(看護職部門)、河上知子さん(一般部門)

日本看護協会は5月10日(土曜日)、日本看護協会ビルJNAホールにて、第4回「忘れられない看護エピソード」表彰式を開催し、受賞作品の発表と最優秀賞、内館牧子賞の表彰を行いました。

今回の募集(2013年11月15日〜2014年2月28日)では、全国各地から過去最多の3,422作品が集まりました。
表彰式では特別審査員の内館牧子さん(脚本家)による講評や、ゲスト審査員の「看護の日」PR大使・蛯原英里さんのトークショーが行われ、抽選で招待された一般参加者、看護職などが参加しました。

「看護の日」PR大使の蛯原英里さんらの朗読音声は「作品発表ページ」から視聴いただけます。

第4回「忘れられない看護エピソード」 特別審査員・内館牧子さんの講評

第4回「忘れられない看護エピソード」集【PDFダウンロード】

第4回「忘れられない看護エピソード」

エピソード集のPDFを閲覧・ダウンロードしていただけます。こちらもご利用ください。

 

※冊子の無料配布は終了しました。

このページの先頭へ

第3回「忘れられない看護エピソード」

全国3,419作品から、最優秀賞が決定!

最優秀賞は、小野寺真理さん(看護職部門)、楠由美さん(一般部門)

第3回「忘れられない看護エピソード」

日本看護協会は5月11日(土曜日)、日本看護協会ビルJNAホールにて、第3回「忘れられない看護エピソード」表彰式を開催し、受賞作品の発表と最優秀賞、内館牧子賞の受賞者表彰を行いました。
「忘れられない看護エピソード」は、「看護の日・看護週間」事業の一環として看護職、一般の方々から看護にまつわる心温まるエピソードを募集したものです。 今回は、全国各地から過去最多の3,419作品が集まりました。
表彰式では特別審査員の内館牧子さん(脚本家)による講評や、ゲスト審査員の若尾文子さん(女優)のトークショーが行われました。

第3回「忘れられないエピソード」集 【PDFダウンロード】

第3回「忘れられないエピソード」集冊子

エピソード集のPDFを閲覧・ダウンロードしていただけます。配布をご希望の場合、こちらをコピーしてご利用ください。

※冊子の無料送付は終了いたしました。

第2回「忘れられない看護エピソード」

全国2,952作品から、最優秀賞が決定!

最優秀賞は、佐々木 敦子さん(看護職部門)、森田欣也さん(一般部門)

第2回「忘れられない看護エピソード」

日本看護協会は、「看護の日」である5月12日(土曜日)に日本看護協会ビルJNAホールにて、第2回「忘れられない看護エピソード」表彰式を開催し、受賞作品発表と最優秀賞、内館牧子賞の受賞者表彰を行いました。
全国の一般の方と看護職の方から、2,952作品が寄せられました。

第2回「忘れられないエピソード」集 【PDFダウンロード】

第2回「忘れられないエピソード」集  冊子を無料配布しています!

エピソード集のPDFを閲覧・ダウンロードしていただけます。

※冊子の無料配布は終了しました。

第1回「忘れられない看護エピソード」

全国1,940の応募作品から、最優秀作品が決定!

最優秀賞は看護職部門 篠川照美さん(愛媛県)、一般部門 関口裕司さん(千葉県)

第1回は、2011年5月14日(土曜日)に日本看護協会ビルJNAホールにて、「忘れられない看護エピソード」の表彰式を行いました。最優秀賞に輝いた看護職部門の篠川照美さん(愛媛県在住)、一般部門の関口裕司さん(千葉県在住)に、表彰状と賞金が授与されました。

第1回は、2010年12月から2011年2月まで募集し、全国の一般の方、看護職の方から、1,940作品が寄せられました。表彰式には特別審査員の内館牧子さん(脚本家)による講評や、ゲスト審査員の愛華みれさん(元宝塚花組トップスター、女優)のトークショーが行われ、抽選で招待された一般出席者、看護職を含む、約100名が参加しました。

第1回「忘れられないエピソード」集 【PDFダウンロード】

第1回「忘れられないエピソード」集冊子

エピソード集のPDFを閲覧・ダウンロードしていただけます。

※冊子の無料配布は終了しました。