日本看護協会とは

事業案内

いのち、暮らし、尊厳をまもり支える看護であるために

日本看護協会は、看護職(保健師・助産師・看護師・准看護師)の資格を持つ個人が自主的に加入し運営する、日本最大の看護職能団体です。47都道府県看護協会(法人会員)と連携して活動する全国組織で、現在約73万人の看護職が加入しています。個人の力だけでは解決できない看護を取り巻く課題を、組織の力で解決し、看護を発展させ、社会に貢献します。

次の3つの基本理念の下、さまざまな活動を展開しています。

「看護の質の向上」…
医療安全対策や専門看護師・認定看護師・認定看護管理者の認定、研修や学会の開催 など
「看護職が働き続けられる環境づくり」…
看護職員の労働条件、離職率などをはじめとした調査・研究、看護職の再就業支援、労働と看護の質向上のためのデータベース事業、看護職賠償責任保険制度の運営 など
「看護領域の開発・展開」…
政策の提言と実現に向けた活動、在宅医療・訪問看護の推進、災害看護と東日本大震災復興支援事業、国際交流・協力、広報活動 など

事業の詳細は、パンフレットでもご覧いただけます。

日本看護協会の基本理念

I 使命

人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々の健康な生活の実現に貢献する。そのため、

  • 教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図る
  • 看護職が生涯を通して安心して働き続けられる環境づくりを推進する
  • 人々のニーズに応える看護領域の開発・展開を図る

II 活動理念
  • 看護職の力を変革に向けて結集する
  • 自律的に行動し協働する
  • 専門性を探究し新たな価値を創造する

III 基本戦略

看護の質の向上、看護職が働き続けられる環境づくり、看護領域の開発・展開の3つの使命に基づく事業領域において、政策形成、自主規制、支援事業、開発・経営、広報、社会貢献の6つの実現手法を用いて、人々の健康な生活の実現を図るものである。

日本看護協会の使命 <人々の健康な生活の実現>

看護の将来ビジョン