地域包括ケアにおける看護提供体制の構築

院内助産システム

全ての妊産褥婦と新生児に助産師のケアを提供するため、院内助産システム推進に関連する情報発信と研修開催などを行っています。

院内助産システムとは

日本看護協会では2008年度に「助産センター設置推進プロジェクト」を設立し、妊娠・出産を迎える女性とその家族のニーズに応じたケアを提供する地域周産期医療体制を確立するために、医療関係者の共通理解に基づき利用者にも分かりやすい言葉となるように助産師活動に関する用語の定義について検討を行いました。

院内助産システム

病院や診療所において、保健師助産師看護師法で定められている業務範囲にのっとって、妊婦健康診査、分娩介助並びに保健指導(健康相談・教育)を助産師が主体的に行う看護・助産提供体制としての「助産外来」や「院内助産」を持ち、助産師を活用する仕組みをいう。

助産師は、医師との役割分担・連携の下、全ての妊産褥婦(じょくふ)やその家族の意向を尊重し、またガイドラインに基づいたチーム医療を行うことで、個々のニーズに応じた助産ケアを提供する。特に、ローリスク妊産褥婦に対しては、妊婦健康診査、分娩介助並びに保健指導(健康相談・教育)を助産師が行う

助産外来

妊婦・褥婦の健康診査並びに保健指導が助産師により行われる外来をいう。
※外来における実践内容を示す標記が望ましいため、「師」はあえて付けない。

院内助産

分娩を目的に入院する産婦および産後の母子に対して、助産師が主体的なケア提供を行う方法・体制をいう。殊に、ローリスクの分娩は助産師により行われる。
※厚生労働省の使用した「院内助産所」も「院内助産」と同義である。この場合の「院内助産所」は、医療法でいう「助産所」ではない。

助産外来・院内助産実践施設の紹介

「協会ニュース」(2009年)で紹介した助産外来・院内助産実践に取り組む6施設の記事をご覧いただけます。

院内助産システムの変遷

日本看護協会では、妊産婦にとって安心・安全で満足度の高い出産環境を実現するために、これまで院内助産システム推進事業を行ってきました。

院内助産システムの推進3カ年計画(2008〜2010年度)

平成20〜22年度(2008〜2010年度)にわたる「院内助産システムの推進3カ年計画」を策定。3カ年計画は、院内助産システムに関する用語・要件・支援体制等の整備、院内助産システムに関する医療関係職およびサービス利用者に対する普及啓発、そして政策提言が院内助産システムの推進に関わる国の政策や予算確保へ反映されることを目指しました。

院内助産システムの普及・課題などに関する調査

2009年9月に本調査を実施。調査対象のうち、助産外来は236施設(35.9%)、院内助産は34施設(5.2%)において取り組まれていました。詳しい調査結果は「2011年以前の本会助産関連事業」ページからご確認ください。

「助産師による安全で安心な出産環境提供体制の推進」3カ年計画(2011〜2013年度)(第T期)

平成23年度(2011年度)より「助産師による安全で安心な出産環境提供体制の推進」を3カ年計画の目標に掲げ、院内助産システムの推進強化や助産関連の政策検討・提言などを行いました。

院内助産システム推進に関連する活動

インターネット配信研修[オンデマンド]

平成29年度(2017年度)配信研修

平成27年度(2015年度)産科管理者交流集会の開催

標記交流集会を、東京(5月16日)・宮城(6月21日)・福岡(7月4日)の3カ所で開催し、「CLoCMiPに関する情報提供」と、本会が提案する「助産師の必要人数算出に関する提案」に沿ってグループワークを行いました。
本会が平成26・27年度に開催した「産科管理者交流集会」は、CLoCMiPの「専門的自律能力/管理」に該当します。ポートフォリオに、冊子・資料などを保存して、院内承認を受ける際に活用してください。

院内助産システム推進ワークショップ

2012年3月3日(土曜日)日本看護協会JNAホール

混合病棟について、「院内助産システム推進ワークショップ」を開催。本ワークショップでは、院内助産システム推進に関する本会の取り組みを示しながら、産科混合病棟における助産外来・院内助産の実施に向けて、事例を通して情報共有や意見交換を行いました。

院内助産システム推進フォーラム

2011年2月26日(土曜日)フェニックスプラザ(東京)

「院内助産システム推進フォーラム」を開催しました。本フォーラムでは、「周産期医療の進歩と院内助産システム」「助産外来・院内助産の開設・実施の人材育成研修」「院内助産システム推進について〜推進3カ年計画の評価と今後の課題〜」の講演と「地域のニーズに応じた院内助産システムの実施に向けて〜課題を克服するために〜」をテーマにシンポジウムが行われ、質疑応答の後、閉会となりました。