eナースセンター日本看護協会

看護職のワーク・ライフ・バランスとは

看護職の労働環境

わが国では、世界でも類を見ないスピードで急速に少子高齢化が進んでいます。高齢化に伴い、ケアを必要とする患者数は増大し、医療現場ではより多くの看護職が必要とされています。しかしケアの提供を担う労働人口は減少しつつあり、看護職も例外ではありません。看護師不足を大量養成で補うという方法は限界を迎えています。しかも、養成した看護師が数年経つと離職してしまうという状況が後を絶ちません。日本の看護職の年齢階層別の就業率をみると、20代後半から30代にかけて急激に低下しています。そして、看護職は一度辞めてしまうと復職する者が少ないという特徴がみられます。
昼夜を問わず医療サービスを提供していくことが求められている医療現場において、結婚・出産の影響を受けやすい女性が大半を占める看護職が働き続けるには多くの困難が伴います。画一的な交代制勤務のために両立が困難となり、家庭の負担が大きい者は退職を余儀なくされます。働き続けたいのに辞めざるを得ない看護職、そして人員不足に悩む医療施設という二重の問題だけでなく、それが結果的に患者ケアの低下を引き起こすという悪循環が引き起こされます。

看護職のワーク・ライフ・バランス実現のために

この状況を打破するため、日本看護協会は看護職のワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、個人のライフイベントに応じて働き方を選択できる「多様な勤務形態」の普及に取り組んできました。多様な働き方が実現すれば、これまで辞めざるを得なかった看護職が働き続けられることになります。様々なライフステージにある看護職が、互いの生活を尊重した環境の中で、仕事と生活を両立させることが可能となります。
私たちは、働き方の選択肢が増えることによって、働きやすい環境、専門性を向上する機会が提供され、看護職のワーク・ライフ・バランスが実現されると考えています。ここでは、「多様な勤務形態」を中心とした働き続けられる職場づくりへの取り組みや、それを支える制度についてご紹介します。

働き続けられる職場づくりを支える制度や取り組み

ワーク・ライフ・バランスに関する支援情報

仕事と育児の両立に役立つ情報、助成金事業や相談窓口となる組織、団体等の紹介など、ワーク・ライフ・バランス推進に役立つ支援情報をご紹介します。

ワーク・ライフ・バランスに関する支援情報

このページのトップへ