重点政策・事業

看護職の役割拡大の推進と人材育成

新たな認定看護師制度の推進

これからの医療ニーズに応えられる地域包括ケアの推進に寄与できる役割モデルの養成を目指して、新たな認定看護師制度の推進に取り組みます。

特定行為に係る研修制度の活用の推進

人々が医療機関から在宅などさまざまな場所において、より安全安心な医療・看護の提供を受けられるよう、少子超高齢社会における国民のニーズに積極的に応えていくために本会は特定行為研修制度の推進に取り組みます。

ナース・プラクティショナー(仮称)制度の構築

タスクシフティングの議論を受け、厚生労働省における検討会においてナース・プラクティショナー(仮称)制度創設の方向性が結論付けられるよう、議論に資するエビデンスの構築を引き続き行うとともに、関係者の合意形成などに取り組んでいきます。