看護職の働き方改革の推進

看護業務効率化先進事例収集・周知事業

「看護業務の効率化 先進事例アワード」とは

「経済財政運営と改革の基本方針2018」(2018年6月15日閣議決定)において、「人手不足の中でのサービス確保に向けた医療・介護等の分野における生産性向上を図るための取組を進める」ことが示されました。これを推進するため、「看護業務の効率化 先進事例アワード」では、看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や生産性の向上、看護サービスの質の向上を図るための看護業務の効率化に関する先駆的な取り組みを広く募集し、その中から汎用性が高く効果のある取り組みを選考・表彰し、周知していくことを目的としています。

  • 看護業務効率化先進事例収集・周知事業は厚生労働省の委託事業として、公益社団法人日本看護協会が実施しているものです。
看護業務効率化先進事例アワード2019

2020年1月15日、盛会のうちに終了しました。なお、詳細は「看護業務効率化先進事例収集・周知事業ポータルサイト」をご参照ください。

募集概要

募集対象

看護職が勤務している医療機関・介護保険施設等において、看護業務の効率化において優れた効果・成果をあげている事例や、それにより医療・看護ケアサービスの充実を実現した事例。

募集期間

2019年9月17日(火曜日)〜10月18日(金曜日)

募集内容

看護業務効率化の取り組みについて、医療安全が損なわれていない、かつ先進的・先駆的であることを前提とした以下4つの内容(部門)について募集。

①業務改善
②タスクシフト・多職種連携
③AI・ICT等の技術の活用
④その他の工夫

表彰対応

最優秀賞
最も優れた業務効率化を実現した取り組み(1施設)
優秀賞
各部門において、優れた業務効率化の取り組み(各部門1施設)①業務改善部門
②タスクシフト・多職種連携部門
③AI・ICT等技術の活用部門
④その他部門
奨励賞
部門を問わず、さらなる努力により今後の効果が期待される取り組み
特別賞
部門を問わず、独創的かつユニークな取り組み

選考結果

全国22都道府県より57件の応募があった。委員会による選考の結果、10施設の受賞が決定した。

受賞施設

最優秀賞

一般社団法人熊本市医師会 熊本地域医療センター(熊本県)

「ユニフォーム2色制」と「ポリバレントナース育成」による持続可能な残業削減への取り組み

優秀賞

【業務改善部門】
県立広島病院(広島県)

看護記録に要する時間削減の効率化への取り組み―記録内容の標準化とリアルタイム記録に焦点を当てて

【タスクシフト・多職種連携部門】
社会医療法人石川記念会HITO病院(愛媛県)

病棟薬剤師との役割委譲・協働による病棟薬剤管理業務の見直し

【AI・ICT 等の技術の活用部門】
訪問看護リハビリステーション アオアクア(東京都)

音声入力で時間短縮 残業を減らそう

【その他の工夫部門】
医療法人社団協友会 メディカルトピア草加病院(埼玉県)

小規模病院における看護クラーク科の立ち上げ・看護クラークの一元管理による看護師負担軽減

奨励賞

国民健康保険 小松市民病院(石川県)

外来病棟一元化による勤務環境改善

聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県)

ナースハッピープロジェクト(NHP)〜音声入力による記録時間の削減〜

医療法人恵尚会 佐呂間町立診療所 クリニックさろま(北海道)

へき地におけるAI・ICTを活用した多職種連携

特別賞

NTT 東日本関東病院(東京都)

RPA(ロボットによる業務自動化)導入による看護管理業務の効率化

福井大学医学部附属病院(福井県)

総合滅菌管理システムによる労働生産性の向上と働き方改革の実現

報告書

令和元年度 看護業務効率化先進事例収集・周知事業 報告書