看護職の働き方改革の推進

看護業務効率化先進事例収集・周知事業

「看護業務の効率化 先進事例アワード」とは

「経済財政運営と改革の基本方針2018」(2018年6月15日閣議決定)において、「人手不足の中でのサービス確保に向けた医療・介護等の分野における生産性向上を図るための取り組みを進める」ことが示されました。これを推進するため、「看護業務の効率化 先進事例アワード」では、看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や生産性の向上、看護サービスの質の向上を図るための看護業務の効率化に関する先駆的な取り組みを広く募集し、その中から汎用性が高く効果のある取り組みを選考・表彰し、周知していくことを目的としています。

  • 看護業務効率化先進事例収集・周知事業は厚生労働省の委託事業として、公益社団法人日本看護協会が実施しているものです。

看護業務効率化先進事例収集・周知事業アワード2020

少子高齢化による労働力人口の減少、看護職の平均年齢の上昇、夜勤可能者の確保困難、国による「働き方改革」の促進、医療・介護提供体制の改革促進等、看護職を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした中で、質の高い看護提供体制を維持していくためには、労働環境の整備や多様な人材の確保・活用等とともに看護業務の効率化・生産性向上が求められています。
本会では昨年度(2019年度)より看護業務の効率化・生産性向上に向けた事業を開始し、「看護業務の効率化先進事例アワード2019」において先進的取り組みを10取り組み選定しました。

今年度も「看護業務の効率化先進事例アワード2020」として、全国より看護業務の効率化に関する先進的取組を募集しました。選考の結果、応募56件の中から、以下10施設の受賞が決定しました。

表彰式・事例報告会(Web)開催報告

看護業務の効率化先進事例アワード2020 表彰式・事例報告会リーフレット画像

2021年2月17日(水曜日)に「看護業務の効率化先進事例アワード表彰式・事例報告会」をweb開催しました。
本事業ポータルサイトに、全受賞施設・試行実施施設のプレゼンテーション動画、アンケート・質問フォームを掲載しています。是非、ご覧ください。

また、関係団体よりご寄稿いただいたご挨拶文は、以下をご覧ください

授賞施設

最優秀賞
最も優れた業務効率化を実現した取り組み
株式会社トラントユイット 訪問看護ステーションフレンズ

「訪問看護におけるエコーによるアセスメント導入とICTを使った医師との連携」

広島県厚生農業協同組合連合会 廣島総合病院

「チーム医療による新たな手術室運営方法の確立〜組織を巻き込んだ3カ年計画の取り組みを通して〜」

優秀賞
各部門において、優れた業務効率化の取り組み(各部門1施設)
【業務改善部門】 
株式会社デザインケア みんなのかかりつけ訪問看護ステーション

「ICTツール×ウェブ会議最大活用による業務効率化への取り組み」

【タスクシフト・多職種連携部門】 
公立羽咋病院

「入退院支援の活動からつなぐ看護へ—外来でのスクリーニングを看護計画に直結させる—」

【AI・ICT等の技術の活用部門】 
社会医療法人柏葉会 柏葉脳神経外科病院

「ウィズコロナでICT促進!〜患者と家族をつなぐオンライン面会の取り組み〜」

奨励賞
部門を問わず、さらなる努力により今後の効果が期待される取り組み(3施設)
社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院

「排尿ケアチームの立ち上げ〜患者のQOL向上を目指して〜」

医療法人健和会 柳原病院

「職種間において協働意識を生み出す取り組み」

医療法人共栄会 名手病院

「時間外支援夜勤の導入‐長年課題だった看護師の夜勤負担軽減への取り組み‐」

特別賞
部門を問わず、独創的かつユニークな取り組み(2施設)
医療法人社団おると会 浜脇整形外科病院

「整形外科分野における術後病衣の工夫」

一般財団法人潤和リハビリテーション振興財団 潤和会記念病院

「障がい者ベッドメイキングチーム委託業務の導入」

表彰式のあいさつ

看護業務の効率化先進事例アワード2020

公益社団法人日本医師会
常任理事 釜萢 敏

「看護業務の効率化先進事例アワード2020」受賞施設の皆様に、心よりお祝い申し上げます。また、現下の新型コロナウイルス感染症への対応につきましても、最前線で懸命に現場を支えてくださっている看護職の皆様に、深く感謝申し上げます。

ご承知の通り、医師の働き方改革については2024年4月から時間外労働規制の適用が予定されており、今後さらにタスク・シェアリング、タスク・シフティングを進めていく方向が示されています。また、現状でも医療・介護人材の確保は困難な状況にありますが、今後の少子化等の影響を考えますと、さらに厳しい状況になることが予想されます。

このような状況において、看護業務の効率化や生産性の向上は、まさに喫緊の課題であり、全国の優れた取り組みを広く普及させていく本アワードの意義は大変大きいと考えます。業務の効率化、負担軽減はもちろんですが、医療安全や看護サービスの質の向上、そして患者さんの満足度向上にも資する取り組みは、大変素晴らしいものであります。そしてなにより、現場の皆様が、現状を少しでも改善しようと真剣に考え、多職種とも協働して取り組む姿に、非常に感銘を受けました。

受賞された皆様に改めて敬意を表するとともに、こうした素晴らしい取り組みが、全国的に導入されていくことを期待しております。


「看護業務効率化先進事例収集・周知事業 看護業務の効率化先進事例アワード2020」の表彰式開催にあたって

一般社団法人日本病院会
常務理事 園田 孝志

「看護業務効率化先進事例収集・周知事業 看護業務の効率化先進事例アワード2020」の表彰式にあたり、日本病院会の一員としてご挨拶を申し上げます。先ず、本日栄えある表彰を受けられます団体の皆様誠におめでとうございます。最優秀賞2題をはじめとして 優秀賞が3題 奨励賞3題 特別賞2題が表彰されます。このアワードには昨年度に続き、今年度も多数の応募がありました。選考の過程にも参加させていただきましたが、高いレベルの取組が応募されていると感じます。

現在、医療の高度化・複雑化が進む一方でその効率化も求められています。そのため、病院においても医療の質を担保するために、医療従事者の負荷は一層増しているところです。また、人口減少社会を見据えて、医療業務の担い手確保にも不安があります。このような背景のもと、本事業は、看護業務の効率化・生産性向上を目的として始まったものです。さらに、今年度は新型コロナウイルス感染症が拡大するなかで、コロナ患者の診療に直接的に携わる医療従事者は勿論のこと、そのほかの従事者も感染対策などで業務量が増え精神的な負担も大きくなっており、医療を取り巻く状況は一段と厳しいものになっています。

このようななか本事業は一層重要性を増しており、この事業で収集された優秀な先進的事例が周知され、普及していくことにより、看護業務の効率化・生産性向上に寄与するものと強く期待しております。


表彰式のあいさつ

公益社団法人東京都看護協会
会長 山元 恵子

今年度の当委員会の副委員長を務めました、東京都看護協会の山元でございます。今年で第2回目を迎えました「看護業務効率化先進事例収集・周知事業・看護業務の効率化先進アワード(以下アワード2020)」にご応募の看護職及び医療・介護・事務等の関係者の皆様方には衷心より御礼申し上げます。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の蔓延拡大の現場と対峙する看護職は極めて多忙のなかで、事例としてまとめる時間や人手が少ないにも関わらず、全国から56件の応募がありましたことに委員会・事務局と共に安堵した次第です。

今年の特徴は、応募施設が、病院だけでなく、訪問看護ステーションや高齢者施設やデイサービスと地域に幅広く展開したことです。また病院の病床規模も300床未満の病院の参加が増えたことや、昨年に引き続き継続的に取り組んだ事例も複数ありました。このことは現場でのアワードの存在意義が看護界に少しずつ理解され成果を上げていることに大変うれしく感じます。

個人的に印象的なことは、受賞した施設の内容には患者や家族、利用者サイドに立った取り組みが多く例えばエコーの活用や術後病衣の工夫などはすぐにでも他施設でマネできます。また診療報酬の誘導もありチームで実施した結果、患者と経営の両方にプラスの方向に向くことが検証されました。

表彰の有無にかかわらず、どの事例も当たり前のことを実直にチームとして取り組むことで、患者のQOLの向上と看護業務の軽減となり、そしてポジティブなチームに変化したことが伝わってきました。是非とも更に進化させ次年度にチャレンジしてください、お待ちしています。

お問い合わせ先
  • TEL : 03-5778-8553
  • FAX : 03-5778-5602
  • E-mail :
    @

過年度 看護業務効率化先進事例収集・周知事業

2019年

「看護業務の効率化先進事例アワード2019」の募集内容や授賞施設を掲載しています。
また、アワードの受賞施設と同様の取り組みを行う医療機関・施設などを募集し、取り組みの支援、周知・普及を行う「看護業務の効率化試行支援(コンサルテーション)事業」についても掲載しています。