看護職の役割拡大の推進と人材育成

看護師の特定行為研修 シンポジウム in 東京

特定行為に係る看護師の研修制度は2015(平成27)年に創設されました。現在、134の指定研修機関で研修が行われ、2019(平成31)年3月時点では1,685人の看護師が研修を修了しています。

日本看護協会は、患者・利用者のニーズに積極的に応えていくために、本制度の活用を推進しています。
そこで2019(平成31/令和元)年度は、以下の2つをテーマに、2部構成のシンポジウムを、看護師の特定行為研修指定研修機関連絡会と共催で開催します。

  • 指定研修機関において取り組みを共有
  • 患者・利用者のニーズに沿った特定行為研修修了者の活動と支援方策

これから研修受講を考えている看護師、研修受講や修了者の活動支援をしている管理者、研修関係者、県行政担当者をはじめ、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

  • なお、本シンポジウムは、厚生労働省委託事業「看護師の特定行為に係る研修機関拡充支援事業」の一環として、公益社団法人日本看護協会が実施しているものです。

開催日時

2020年2月28日(金曜日)10時〜16時

会場

定員

400名(先着)

参加費

無料

プログラム

【第1部】

10時〜11時40分(9時30分開場)
[実践報告] 特定行為研修指定研修機関における効果的な研修のあり方〜教育効果を高めるe-learningや研修機関と実習施設との連携のあり方について〜

【第2部】

13時30分〜16時(13時開場)
[シンポジウム]患者・利用者のニーズに沿った特定行為研修修了者の活動と活動支援の方策

申し込み期日

2020年2月14日(金曜日)

  • 定員に達し次第、申し込み受け付けを終了させていただきます。

申し込み方法

①申し込みサイト②FAXのいずれかの方法でお申し込みください。

【①申し込みサイト】
  • 第1部、第2部のそれぞれの申し込みを行ってください。両方のご参加も可能です。
【②FAXで申し込み】

「看護師の特定行為研修 シンポジウム in 東京」ご案内チラシを印刷し、2ページ目の「FAXお申し込み書」に必要事項をご記入の上、看護開発部教育制度課(FAX 03-5778-5602)までお送りください。

  • 必ず、参加をご希望する部(第1部、または第2部)に〇をつけてください。両方のご参加も可能です。