地域における健康と療養を支える看護職の裁量発揮

看護師の特定行為研修 シンポジウム

2022年4月20日

2021年度 開催分について

日本看護協会は看護師の特定行為に係る指定研修機関連絡会との共催により、2022年2月10日、2021年度特定行為研修シンポジウムを開催した。厚生労働省の「看護師の特定行為に係る研修機関拡充支援事業」の一環として実施され、医療従事者553名、指定研修機関289機関、メディア21社がオンラインで参加した。

福井トシ子会長は、開会のあいさつで、あらゆる場で質の高いケアを提供することが必要であり、特定行為研修修了者による看護実践の重要性をあらためて強調した。また、厚労省医政局看護課看護サービス推進室より特定行為に係る看護師の研修制度〜行政の動き〜について情報を共有した。

後半は「地域医療を支える特定行為研修修了者の活動と期待−修了者によるケアの質向上に着目して−」をテーマに、全日本病院協会の神野正博副会長、木澤晃代常任理事が座長を務め、日本海総合病院中村美穂看護部長、上尾中央総合病院特定行為研修担当の香川さゆり科長、なごみ訪問看護ステーションの経営者である川崎広志氏が、特定行為研修受講支援と修了者の活用や地域の看護師を対象とした特定行為研修の実際、特定行為研修修了者・認定看護師・専門看護師を活用した訪問看護ステーション経営の視点について発表した。

参加者からは、特定行為研修の受講や活用、修了者の処遇、在宅における特定行為の課題等多くの質問とご意見が寄せられ活発な意見交換を経てシンポジウムを終了した。

当日の資料について

専用Webサイトでの資料掲載が終了しましたので、当日の資料は以下のファイルをご参照ください。

2020年度 開催分について

日本看護協会は1月22日、2020年度特定行為研修シンポジウムを、看護師の特定行為に係る指定研修機関連絡会との共催で開催した。厚生労働省の「看護師の特定行為に係る研修機関拡充支援事業」の一環として実施され、特定行為研修修了者をはじめ、医療・看護現場で働く看護職、看護行政関係者など473人がオンラインで参加した。

福井トシ子会長は、開会のあいさつで、患者・療養者の暮らしと医療を切り離さずその人らしく生きることを支える上で、特定行為を含む看護実践の重要性をあらためて強調した。また、厚労省医政局看護課看護サービス推進室の西宮岳氏は、特定行為研修制度の見直しと活用の促進に向けた最新の動きを共有した。

後半は「患者・利用者のニーズに沿った特定行為研修修了者の活動と活動支援の方策」をテーマに、全日本病院協会の神野正博副会長が座長を務め、鶴巻温泉病院の小澤美紀看護部長、滋賀医科大学医学部附属病院の吉田和寛看護師長、KA 訪問看護ステーションの瀧澤晴海氏が、修了者の育成ビジョンや医療安全体制上の課題、地域における役割、今後の期待などについて発表した。

参加者からは、特定行為研修の受講や、活用に関するさまざまな意見が寄せられ、荒木暁子常任理事は、この制度推進の要である看護管理者に向け、管理者の役割や実践事例が掲載された「令和2 年版看護白書―特定行為研修を修了した認定看護師の活用」の一層の活用を呼び掛けた。また、特定行為研修修了者の役割発揮のため、本会として今後も看護管理者などへの周知と理解促進に取り組む姿勢を示した。

当日の資料について

専用Webサイトでの資料掲載が終了しましたので、当日の資料は以下のファイルをご参照ください。

問い合わせ先

日本看護協会内特定行為シンポジウム担当
電話番号 : 042-492-7362
Eメール :

@