看護業務効率化・生産性向上のための支援

アワード2022

募集概要

募集対象

看護職が勤務している医療・介護保険施設等

なお、募集にあたっては以下の医療機関・介護保険施設等も対象に含める。

  • 2019・2020・2021年度の「看護業務の効率化先進事例アワード」に応募した医療機関・介護保険施設等
    • ①同テーマで継続して取り組み、さらなる成果・効果を上げている
    • ②新規テーマに取り組んで成果・効果を上げている
  • 2020・2021年度「看護業務の効率化試行支援事業」に参加した医療機関・介護保険施設等

募集内容

直近3年以内に看護業務の効率化において優れた効果・成果をあげた取り組み看護業務効率化の取り組みについて、以下の4つの部門から募集する。

  • 業務改善部門
  • タスク・シフト/シェア、多職種連携部門
  • AI・ICT等の技術の活用部門
  • その他の工夫部門

募集期間

2022年7月1日(金曜日)〜8月31日(水曜日)※当日消印有効

結果通知

2022年11月(予定)

表彰式・事例報告会

開催日時
2023年1月19日(木曜日)
開催場所
都内ホール
開催方法
ハイブリット方式

受賞者および関係者は参集し、視聴者の方にはWebにて配信する。

2021年度表彰式・事例報告会の様子については、下記リンク先でダイジェスト版動画および第二部のアーカイブ動画をご覧ください。

2019・2020・2021年度受賞施設の取り組みは「看護業務効率化先進事例収集・周知ポータルサイト」をご覧ください。