地域包括ケアの実現を支える看護機能連携システムの構築

地域包括ケアの実現を支える看護機能連携システムの構築

日本看護協会は、医療機関や地域など、あらゆる場で活動している看護職が連携することで、地域の課題発見・共有から、解決に向けた新たなサービスの創出を図りながら、地域包括ケアを構築・推進していくことが可能だと考えています。

地域包括ケアの構築・推進は市町村の責務であり、医療機関や訪問看護ステーション、県・県保健所、職能団体などと、市町村間の看護職の連携・協働が欠かせません。そこで、2019年度は、実効性のある看護職連携モデルのシステム案の作成に取り組み、実現に向けた課題を整理し、解決策を検討します。

住民の医療ニーズを含めた多様なニーズに応えられる地域包括ケア時代の新たな看護サービスを提案するため、看護小規模多機能型居宅介護事業所や訪問看護事業所でも看護職が中核となって市町村と連携・協働できるよう、医療・介護・障害などの制度横断的な多機能サービスや、住民参加や多職種連携などの場となるサービス拠点案についても検討していきます。

2019年度の事業

  • 地域における実効性のある看護職連携モデルの構築
    • 市町村における地域の課題解決や新たなサービスの創出に資する看護職連携のシステムモデル案の作成
    • 看護職連携の実態の把握と課題整理
    • 看護職連携のシステムモデル案の実現に向けた課題と解決策の検討
  • 看護小規模多機能型居宅介護などを拠点とした地域共生事業案の策定
    • 看護小規模多機能型居宅介護などを活動した地域共生拠点の役割・機能および実現可能性の検討
    • 域共生拠点試行事業の実施