プログラム

プログラム概要

新たな「看護サミット」となり2回目の開催となる今回のテーマは「看護基礎教育」。
少子超高齢社会に突入し、看護には様々な場での活躍が期待されています。看護職が地域包括ケアシステムの中で求められる役割を発揮するために、看護基礎教育はどのような課題を抱え、これからどうあるべきでしょうか。
「看護サミット2017」では、よりよい看護の実現に向けて、看護基礎教育から新人教育までを対象とした看護教育政策の視点から考えていきます。

プログラム内容

時間 テーマ 講師 (敬称略)
13:00
13:05
ビデオメッセージ

▼ 詳細

神奈川県知事 黒岩 祐治
13:05
13:50
鼎談
「看護教育の将来と看護への期待」
政策や教育の最前線にいる講師により、俯瞰的な観点をもってこれからの看護教育や看護職のあり方、担うべき役割を展望していただきます。その中で、今まさに、将来に向けて看護基礎教育の転換が必要な時にあることを共有していきます。

▼ 詳細

昭和女子大学 理事長・総長 坂東 眞理子
参議院議員 石田 昌宏
(司会兼)日本看護協会 副会長 真田 弘美
13:50
14:05
解説
「看護基礎教育をめぐる現状」
今後の看護基礎教育のあり方を検討するために、看護を取り巻く社会状況や、保健師・助産師も含めた看護基礎教育制度の現状を整理していきます。

▼ 詳細

日本看護協会 専務理事 井伊 久美子
14:05
16:10
パネルディスカッション
「看護基礎教育を変える!
~We can change~」
今後、地域包括ケアや少子超高齢社会などの社会背景を踏まえて日本看護協会が示した「看護の将来ビジョン」をもとに、これからの看護師が担う役割や将来像を共有していきます。その上で、求められる人材を育成するために看護基礎教育はどのような変化が必要か、行政、臨床、教育の現場で活躍する6名のパネリストから、課題意識や解決に向けた方向性などについてお話しいただきます。さらに、フロアとの意見交換を行い、参加者の皆様とともに議論を進めます。

▼ 詳細

<趣旨説明>
日本看護協会 副会長
菊池 令子
厚生労働省 医政局看護課長 島田 陽子
日本看護系大学協議会 代表理事
青森県立保健大学 学長
上泉 和子
日本看護学校協議会 副会長
倉敷中央看護専門学校 副校長
時本 圭子
(元 福岡県 医療指導課医師・
看護職員確保対策 室長)
福岡県すこやか健康事業団
福岡国際総合健診センター
センター長
鎌田 久美子
関東中央病院 副院長・看護部長 中畑 高子
ケアプロ(株)代表取締役社長 川添 高志
<座長>
兵庫県看護協会 会長
日本看護協会 常任理事

中野 則子
川本 利恵子
16:10
16:30
講演
「看護教育における
これからの政策課題」
これまでの看護教育に関する日本看護協会や行政の関わり等についてまとめた上で、看護界自らが変革していくべき看護基礎教育の政策的課題と今後の方針について提言します。

▼ 詳細

日本看護協会 会長 坂本 すが
<座長>
日本看護協会 副会長

大久保 清子
天候・その他の事由によりプログラム等が変更になることがございます。あらかじめご了承ください。