看護職の方へ

病院看護・外来看護実態調査(病院対象)

更新日:2021年10月22日

日本看護協会では、毎年「病院看護実態調査」を実施しています。今回は、昨今の国の動向を踏まえて、外来看護の実態についても詳しくお尋ねしています。調査結果は、看護職が健康で安心して働き続けられる職場の実現や、外来看護を含む地域での継続支援体制整備に向けた、国への政策提言や本会事業などに役立てていきます。

調査期間

2021年10月1日(金曜日)〜10月31日(日曜日)

調査対象

全国の病院約8,200施設(全数)の看護部長

回答方法

下掲の「病院看護・外来看護実態調査 回答専用ページ」にアクセスし、回答をお願いします。今回は3種類の調査票があり、所要時間は、必要な実績データをご用意いただく時間に加えて、各調査票20〜30分程度です。専用ページにアクセス後、調査票(Excelデータ)等をダウンロードしてください。

回答完了後は、各病院に9月27日付で郵送しています「『2021年病院看護・外来看護実態調査』概要・回答方法」に記載のID・パスワードを入力し、回答をアップロードしてください。

  • ID・パスワードは、回答の差し替えや3種類の調査票の結合のために設定するものであり、病院名が特定されることはありません。

調査内容

調査票の全内容を印刷してご確認いただくことができます。PDFデータですので、実際の回答は、上記回答専用ページから調査票(Excelデータ)をダウンロードし、回答してください。

お問い合わせ

調査に関するご不明な点は、下掲の「よくある質問(FAQ)」をご確認ください。

  • 10月22日に更新(問23を修正、問25〜問26を追加)しました

上記以外のお問い合わせ

  • ①調査専用サイトや調査票Excelファイルの操作方法について

    一般社団法人中央調査社 「病院看護・外来看護実態調査」係 〔調査業務委託先〕

    Email:

    @
  • ②調査の趣旨・内容等について

    日本看護協会 医療政策部

    Email:

    @