看護実践情報

看護師職能委員会Ⅱ(介護・福祉関係施設・在宅等領域)

職能委員会の活動

概要

2018年度は、地域包括ケアシステムの推進に向け、地域の医療と介護の連携を図る視点から、診療所の看護職を含めた組織化を進めていくことと、近年、地域に中・重度療養者が増加しニーズも多様化し、療養者・看護職双方の安全上の課題が顕在化していたため、「暮らしの場で働く看護職」が考えるべきリスクについて、意見集約・課題発見を行うとともに、このテーマで3 年間内容を熟成していくこととしました。 19 年度は、看護職の課題発見と情報収集、状況共有(特に診療所勤務の看護師)による組織強化策を検討するとともに、リスク管理について課題の明確化と対策を検討し、意見を収集していきます。

目的

都道府県看護協会と連携を図りながら、本職能委員会に関わる課題発見・意見集約を行い、会長に助言する。

内容

  • 看護師職能委員会Uと関連会議の開催
  • 訪問看護、介護施設、診療所等で働く看護職の課題発見と情報共有による組織強化策を検討する
  • 看護管理者が考えるべき労働者及び療養者のリスク管理について、課題の明確化と対策の検討、意見集約を行う
  • 都道府県看護協会と連携をとり、各会議及び都道府県看護協会看護師職能委員会Uの活動に関する情報収集による介護関連事業に関する情報収集及び各都道府県看護協会看護師職能委員会Uの活動状況の共有
  • 看護師職能委員会U及び都道府県看護協会看護師職能委員会U活動の広報を通じた委員会活動
  • 地域包括ケアシステムの推進において、所属を越えた看護職間の連携に向けての情報収集・課題発見

資料

2019年6月7日に開催した全国職能交流集会の検討資料はキャリナース内の「資料室 > 職能集会検討資料」からご覧いただけます。

集会・会議

【2019年度 第1回(8月21日)】

看U領域における実態把握・課題発見・意見集約を政策提言へ

就任後、初の職能委員会を迎えた岡島さおり委員長(=写真)は、冒頭のあいさつで「看U領域の力が一層重要となる中、日々の実践や評価の可視化が政策提言につながり、看護職の地域における就労の機運を高める」と協力を呼び掛けた。その後、2019 年度の活動方針である①看U領域における組織強化策②看護管理者が考えるべき労働者及び療養者のリスク管理③所属を越えた看護職間の連携に関する課題発見・意見集約の実施について解説した。

続いて、看護の専門性を生かした他職種支援・連携強化と地域活動の継続・拡大に向けた事業化の検討を共通目的に本会が実施した、平成30年度厚生労働省老人保健事業推進費等補助金事業の①介護支援専門員への看護に関連する療養上の相談支援試行事業②訪問看護サービス等における専門性の高い看護師によるサービス提供のあり方に関する試行的調査研究事業について報告した。

また、医療安全に関する経腸栄養分野の誤接続防止コネクタの国際規格導入について、本会から新規格の実物の提示とともに情報提供し、現場での安全な切り替えに向けた協力依頼を行った。

その後、介護・福祉系法律事務所「おかげさま」の外岡潤弁護士が、介護・在宅領域における利用者からのハラスメントについて事例を用いて講演。看護管理者が法令順守の視点を持ち、組織的に予防と早期対応に努めることが重要であると話した。

グループ討議では「実践しているハラスメント対策とその背景」について情報交換が行われ、関心の高まりや対策などが報告された。岡島委員長は、リスク管理を行うことの目的は、職員自身を守ることおよび利用者を守ることの双方にあると総括した。