看護実践情報

看護師職能委員会Ⅰ(病院領域)

職能委員会の活動

概要

看護師職能委員会T病院領域では、医療提供体制の変化に病院領域の看護職が対応するため、在宅療養支援などをテーマに活動を進めています。
2018年度は、地域包括ケアシステムを推進するためには、病院看護管理者と行政保健師による看護職間の連携が特に重要となることから、連携に関する現状把握を行いました。その結果、一部の病院看護管理者は連携会議等の会議で保健師と連携していたものの、多くは「行政保健師」の役割を知らず、連携に向けて何をするべきか分からない状況にあることが明らかになりました。さらに、現状把握を進める中で、病院看護管理者が行政保健師の役割を認識した上で連携推進に向けた検討・取り組みを行う必要があることが課題と挙がりました。

19年度は、看護管理者がそれぞれの役割についての理解を深めることを含む、地域包括ケアシステムの構築を進める中での看護管理者の連携推進に向けた情報収集・課題発見・意見集約を行います。なお、「看護管理者」とは地域包括ケアシステムの推進に関わる医療機関、施設、行政などの看護管理者とします。

地域包括ケアシステムにおいては、多職種連携・協働など、病院の看護師にこれまで以上に高い能力が求められます。病棟内で活動する多職種が増えていることを受け、17年度からは医療チームにおける病棟の看護師のさらなる役割発揮をテーマに取り組んできました。 これまでの2年間では多職種連携・協働における病棟の看護師の役割について意見集約を行うとともに、医療チームにおいて病棟の看護師がさらに役割を発揮するための取り組みについて情報収集を行いました。その結果、人材育成の必要性が意見の1つに挙げられました。そこで、19年度は地域包括ケアシステムにおいて病棟の看護師が担う役割を果たすために必要な人材育成について情報収集・課題発見を行う。

さらに、本会では、病院で働く看護職に関する数多くの事業を進めている。それらの事業に現場の状況を反映させるため、職能委員会の機能である課題発見・意見集約は重要な役割を担っている。そこで、都道府県看護協会と連携し、現場の声をタイムリーに集め、提言をしていく。

目的

都道府県看護協会と連携を図りながら、病院で働く看護職を取り巻く状況に関わる課題発見・意見集約を行い、会長に助言する。

内容

  • 地域包括ケアシステムにおける看護管理者の連携推進に向けた情報収集・課題発見
  • 地域包括ケアシステムにおいて病棟の看護師が担う役割を果たすために必要な人材育成に関する情報収集・課題発見
  • 病院における看護職に関連した本会事業のトピックスに対するタイムリーな課題発見・意見集約

資料

2019年6月7日に開催した全国職能交流集会の検討資料はキャリナース内の「資料室 > 職能集会検討資料」からご覧いただけます。

集会・会議

【2019年度 第1回(8月21日)】

看護管理者の連携推進と人材育成の仕組みづくりに向け情報共有

冒頭、熊谷雅美委員長(=写真)は地域完結型医療が進められている中でも、住民の多くが最初に病院を受診することに触れ「医療のスタートは病院となることが多い。患者の地域復帰を支える一番手という意識を持って取り組んでいく必要がある」と呼び掛けた。

続く2019 年度の活動方針については、①地域包括ケアシステムにおける看護管理者の連携推進に向けた情報収集・課題発見②地域包括ケアシステムにおける病棟の看護師が担う役割を果たすために必要な人材育成に関する情報収集・課題発見③病院における看護職に関連した本会事業のトピックに対するタイムリーな課題発見・意見集約の3点を説明。

その後、「誤接続防止コネクタ導入」に関する情報提供を行った。現在、製品分野間の相互接続を防止するコネクタに関する国際規格の制定が進められている。神経麻酔分野に続き、経腸栄養分野の切り替えが始まることをアナウンスするとともに、院内だけでなく患者家族を含む関係者全員に周知を徹底することを強調した。

最後に、地域包括ケアにおいて①看護管理者の連携をどのように進めるか②病院の看護師が強化すべき能力と人材育成に関する現状についてグループ討議が行われた。
各グループの発表では、①については顔の見える関係づくりは進んでいる一方で、次のステップには進めていないとの声が多く上がった。行政保健師との連携も含めて取り組むべきとの意見で一致した。
②については「患者を生活者として捉える視点を養うことが必要」との意見が多かった。そのため院内のジョブローテーションや同行訪問を活用するケースなどが報告された。