公式ソング

公益社団法人日本看護協会は、「Nursing Nowキャンペーン」公式ソングのプロデューサーにアーティストで音楽プロデューサーのつんく♂さんを任命しました。

自らも喉頭ガンのため声帯を摘出した闘病体験を持つ つんく♂さんが作詞作曲した「元気の歌」は看護職が自ら口ずさみ、看護職自身だけではなく周りの人々も元気にしていく歌になっております。10月から来春3月までBS日テレで放送開始されるミニドラマ「Memories~看護師たちの物語~」で挿入歌として使われるほか、日本看護協会およびNursing Nowキャンペーン実行委員会参加団体のホームページやSNS、YouTube、各種イベントなどで展開されます。

さらに「元気の歌」の楽しいダンスにも注目。振り付けはつんく♂さんがプロデュース。往年のグループサウンズやフォークダンスを思い起こさせる親しみやすい振り付けです。ダンスが苦手な人でも踊れる簡易バージョンもあります。全国の看護職、患者、その家族を応援するため、みんなで楽しく歌って踊って元気になりましょう。

「元気の歌」ミュージックビデオ

簡易版ダンス振り付け講座

ミュージックビデオキッズダンスバージョン