イベント紹介

2020年は、「看護の日・看護週間」制定30周年および近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの生誕200年です。
記念すべきこの年に看護のこれまでを振り返り、これからの看護を考える機会とするため、「Nursing Now:看護の力で未来を創る」を開催します。

開催延期となっていた「Nursing Now:看護の力で未来を創る」を2021年1月21日にWEB開催することが決定しました。各プログラムをご確認の上、申し込み受け付けシステムより参加のご登録をお願いします。

「Nursing Now:看護の力で未来を創る」紹介チラシ[PDF4MB]

開催概要

日時

2021年1月21日(木曜日)

開催形式

Zoomウェビナーで開催
※一部プログラムではチャット機能による質問を受け付ける予定です

参加費

無料

主催

「看護の日・看護週間」30周年記念式典/第10回「忘れられない看護エピソード」表彰式

厚生労働省/日本看護協会

Nursing Nowフォーラム・イン・ジャパン

日本看護協会/笹川保健財団
(企画協力:Nursing Nowキャンペーン実行委員会(看護系30団体))

プログラム

「看護の日・看護週間」30周年記念式典/第10回「忘れられない看護エピソード」表彰式

看護の心、ケアの心、助け合いの心を、老若男女を問わず誰もが育むきっかけとなるよう市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動がきっかけとなり、旧厚生省により、1990年に「看護の日」(5月12日)が制定されました。
フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定された「看護の日」はことしで30周年を迎えます。
記念式典では、これまでの「看護の日」を振り返るとともに、第10回「忘れられない看護エピソード」表彰式を行う予定です。

開催日時:2021年1月21日(木曜日)9時30分~11時30分

プログラムの詳細はこちら

Nursing Nowフォーラム・イン・ジャパン

Nursing Nowの趣旨に鑑み、人々の健康な暮らしを支援する看護、医療提供の効率化に資する看護などについてエビデンスに基づいた議論を行い、看護の社会的な価値を明らかにすることを目的としています。

オープニングセッションでは、Nursing Nowについての理解を深め、人々の健康な暮らしを支援する看護、医療提供の効率化に資する看護についての現状と期待について議論し、分科会のプログラムにつなげます。
分科会では、3つのテーマに分かれて看護の社会的な価値に関する議論および情報共有を行います。

分科会1:トリプル・インパクトと政策

分科会2:在宅看護と持続可能な社会~看護師が社会を変える~

分科会3:災害に強いコミュニティ、安全・安心な社会の構築に向けた看護の貢献

オープニングセッション

開催日時:2021年1月21日(木曜日)12時30分~14時

プログラムの詳細

分科会

開催日時:2021年1月21日(木曜日)14時15分~16時15分

分科会1プログラムの詳細


分科会2プログラムの詳細


分科会3プログラムの詳細

クロージングセッション

開催日時:2021年1月21日(木曜日)16時30分~17時

プログラムの詳細

参加申し込み

申し込み受け付けシステム(アマリス)にアクセスし、情報登録を行ってください。情報登録時に入力いただきましたEメールアドレスに、後日Zoomウェビナー視聴のURLをお送りします。