Nursing Now

Nursing Nowとは

ナイチンゲール生誕200年である2020年末まで、看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、人々の健康向上に貢献するために行動する世界的なキャンペーンです。英国の議員連盟が活動をスタートさせ、世界保健機関(WHO)および国際看護師協会(ICN)の賛同の下、英国のチャリティ団体であるバーデット看護信託が事務局となり、世界的に広まっています。

世界では、保健医療制度や人々のニーズが大きく変化しています。看護職がこの変化に対応し、一層活躍するには、看護職が適切に評価され、保健医療政策に影響を及ぼすことが重要であり、そのためのさまざまな条件や環境を整える必要があります。キャンペーンを通じ、看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題への取組みの中心に立ち、人々の健康の向上に貢献できるよう行動します。

Nursing NowのWebサイト(英語)には、世界各地の活動やケーススタディが掲載されています。

Nursing NowのWebサイト(英語)

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

キャンペーンのきっかけとなった英国の議員連盟の報告書は、看護の発展は「持続可能な開発目標(SDGs)」の17の目標のうち、3つの目標(目標3:すべての人に健康と福祉を、目標5:ジェンダー平等を実現しよう、目標8:働きがいも経済成長も)に貢献すると結論づけました。日本ではこれらに対し、次の取組み方針を掲げて、キャンペーンを展開しています。

持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標[PDF119KB]

目標3:すべての人に健康と福祉を

住民の健康を支える看護モデルの確立

目標5:ジェンダー平等を実現しよう

可能性の拡大:より自律した専門職へ

目標8:働きがいも経済成長も

看護職のディーセント・ワーク
(働きがいのある人間らしい仕事)の推進

参加団体に関する更新情報

公益社団法人 日本看護協会・日本看護連盟

島根における看護師基礎教育を考える会

2020年2月9日、「島根における看護師基礎教育を考える会」参加者全員でチラシを手に「Nursing Now」をPRしました。

詳しくはこちらから

認定看護管理者会

バッジの制作

認定看護管理者会は、「Nursing now」キャンペーンの啓発のため缶バッジを作成・配布をしていきます。

詳しくはこちらから

災害健康危機管理WHO協力センター/兵庫県立大学地域ケア開発研究所

災害健康危機管理WHO協力センター/兵庫県立大学地域ケア開発研究所更新画像

2019年10月19日、災害看護講座:シミュレーションで学ぶ避難所ケア」参加者とNursing Now!

詳しくはこちらから