看護実践情報

世界患者安全の日

9月17日は、世界患者安全の日です。患者安全を促進することへの人々の意識・関心を高め、国際的な理解を深めるとともに、加盟国間の連携や行動に取り組むことを目的として、2019年のWHO世界保健機関の総会において、9月17日を世界患者安全の日とすることが制定されました。本会は2020年度から本キャンペーンに参画しています。

2021年度

今年のテーマは、“Safe maternal and newborn care”そして、スローガンは、“Act now for safe and respectful childbirth!”です。日本語に訳すと「安全な妊産婦と新生児のためのケア」、「今こそ、安全で尊重された出産を!」という意味合いです。

この日を機会に、医療従事者をはじめ、国民の皆さま一人ひとりが、改めて患者の安全に関心をもち、安全な医療の提供や安全な医療を受けられるために今できる事を考え、行動していきましょう。

日本看護協会ビル ライトアップ・タペストリー

オレンジにライトアップした日本看護協会ビル

ポスター

2021年度の世界患者安全の日ポスター

世界患者安全の日に関するリンク

2020年度

キャンペーンスローガン

“Safe health workers, Safe patients”(患者も、医療従事者も。みんなで守る医療安全)

キャンペーンテーマ

“Speak up for health worker safety!”(医療従事者の安全のために積極的に声を上げよう!)

実施内容

  • 日本看護協会ビル(東京・表参道):2020年9月17日〜9月30日

    クリスタルコーンのオレンジ色ライトアップ
    タペストリー・キャンペーンポスターの掲示

  • 本会公式WEBサイト上に会長メッセージ動画および患者安全に向けた本会の取り組みに関する動画公開
  • SNS(本会公式Twitter/Facebook)による周知
  • 協会ニュース9月号、および機関誌「看護」11月号医療安全TOPICS記事による周知・報告
問合せ先

日本看護協会 看護開発部 看護業務・医療安全課 TEL:03-5778-8548

@

<受信設定のお願い>

上記Eメールアドレスにお問い合わせいただきました際、こちらから返信をさせていただく場合があります。
お手数ですが、本会ドメイン「nurse.or.jp」からのメールを受信可能な状態に設定してください。
設定方法はご利用のメールサービス管理会社にお問い合わせください。