看護実践情報

産科医療補償制度

制度創設の目的

日本医療機能評価機構 産科医療補償制度WEBサイトより引用

産科医療補償制度は、産科医不足の改善や産科医療提供体制の確保を背景に、より安心して産科医療を受けられる環境整備の一環として、以下の目的で創設されました。

目的1
分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児とその家族の経済的負担を速やかに補償します。
目的2
脳性麻痺発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に資する情報を提供します。
目的3
これらにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ります。
  • 詳細は日本医療機能評価機構 産科医療補償制度のWEBサイトでご確認いただけます。

産科医療補償制度 再発防止に関する報告書およびお知らせ

本会WEBサイトの「助産師関連事業 > 報告書等お役立ち情報」のページに、「産科医療補償制度 再発防止に関する報告書およびお知らせ」を掲載しています。


安全管理体制の整備に係る法的枠組みや制度 関連ページ