看護実践情報

友納理緒参与に聞く!看護職と法律のこと

このページでは、看護職が日ごろの業務で知っておきたい法律の知識や、疑問について友納参与が応えていきます。

日本看護協会 参与 友納理緒(とものう りお)

友納参与の顔写真

保健師・看護師・弁護士

看護師出身の弁護士として、一般の民事事件・刑事事件のほか、医療事件も扱っています。
このほか、看護記録、看護師の法的責任、看護倫理、医療情報の取り扱いなどさまざまなテーマについて、関連する法律・裁判例をわかりやすくお伝えする講演や執筆活動に力を注いでいます。
日本看護協会機関紙『協会ニュース』にて「友納理緒参与に聞く!看護職と法律のこと」連載中

友納参与のご紹介

動画

看護職の皆さまへ「看護記録の重要性と記載ポイント」

情報共有の手段、また裁判などの証拠として看護記録は大変重要です。そのために押さえておくべき看護記録の記載のポイントを紹介します。

関連記事

看護職の皆さまへ「個人情報の取り扱いと法的責任」

看護職の皆さまに知っておいていただきたい、個人情報やプライバシーに関わる情報などの重要性やソーシャルメディアとの付き合い方など、情報の適切な取り扱いについてお話しします。

看護学生の皆さまへ「実習における個人情報の適切な取り扱い」

学生の皆さまに知っておいていただきたい、個人情報やプライバシーに関わる情報などの重要性や看護学生としての責任、そしてソーシャルメディアとの付き合い方などについてお話しします。

看護政策について「法律ができるまで」

看護政策の実現のためには法律が必要です。その法律がどのようにできていくのか、わかりやすく解説します。
併せて、ナースプラクティショナー制度の実現、看護職員確保対策に向けた必要な法律の改正のために、どのように行動したらよいかお話しします。

講演「コロナ禍における法律問題 〜感染防止対策の水準とコロナハラスメントについて〜」

新型コロナウイルス感染症の蔓延が続く中で発生しているさまざまな法律問題のうち、感染防止対策の水準やコロナハラスメントなど、特に重要になると考えられるものについて解説します。

  • 2021年6月10日に開催した2021年度全国職能交流集会の講演「コロナ禍における法律問題」の動画です。

講演「訪問看護・介護施設の事例から考える看護職の法的責任」

介護系施設や訪問看護事業所等での医療安全の浸透には、施設や事業所の特徴から医療機関とは別の困難があります。また、今般は、新型コロナウイルス感染症の影響下で、新たな課題も生じています。

  • 2021年2月28日に開催した第22回「看護職賠償責任保険制度」研修会の講演「訪問看護・介護施設の事例から考える看護職の法的責任」の動画(一部)です。

助産師の法的責任 〜看護水準とガイドラインの関係について〜

医療事故が発生した時にどのような責任を負うか、また、看護水準の判断時にガイドラインがどのように扱われるかを、実際にあった判例を基に解説しています。

  • 本サイトに掲載されている資料・画像等について、本会および著作権者からの許可無く、掲載内容の一部および全てを複製、転載など二次利用することを禁止します。


二つ折り(左開き)

日本看護協会機関紙「協会ニュース」連載記事

プロフィール

平成11年
雙葉高等学校卒業
平成15年
東京医科歯科大学医学部保健衛生学科 卒業(看護師、保健師免許取得)
平成17年
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科博士前期課程 修了
医療現場を経験するなかで、医療事故が発生したときに医療者の力になりたいと考え、弁護士を志し、早稲田大学大学院法務研究科に進学。
平成20年
早稲田大学大学院法務研究科 修了
平成23年
弁護士登録(第二東京弁護士会)
平成26年
土肥法律事務所 設立
衆議院議員政策担当秘書に就任(平成28年まで)
平成27年
公益社団法人日本看護科学学会 研究倫理審査委員会委員に就任
平成31年
一般社団法人日本看護学校協議会共済会 顧問弁護士に就任
令和2年
公益社団法人日本看護協会 参与に就任

【著書】

  • 「スッキリ、ナットク介護記録の減らし方」(共著)中央法規出版
  • 「—役員責任追及訴訟に学ぶ現場対応策—業界別・場面別 役員が知っておきたい法的責任」(共著)経済法令研究会
  • 「経済刑事裁判例に学ぶ 不正予防・対応策—法的・会計的視点から—」(共著)経済法令研究会
  • 「医療安全患者を護る看護プロフェッショナル」(共著)医歯薬出版
  • 「看護学原論 改訂第3版」(共著)南江堂 ほか