看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第40回

勤務証明書が取得できない場合

第40回

こんにちは、常任理事の岡島さおりです。この連載もおかげさまで40回、5年目を迎えることができました。本年度も、皆さまがお寄せ下さるご意見やご感想を基に、関心のある内容を取り上げていきます。

看護師2 年課程通信制への進学に関して「以前の勤務先が閉鎖されてしまい、勤務証明書が取得できない」とのお問い合わせをいただくことがあります。勤務先の廃業などで就業証明書が取れない場合は、最寄りの年金事務所に年金手帳を持参して「厚生年金保険加入期間調査願」を提出し、「被保険者記録照会回答票」を取得します。これで働いていた期間の証明ができます。なお、「被保険者記録照会回答票」と併せて学校指定の様式の提出を求める場合もありますので、詳しくは、進学を希望する学校へご確認下さい。

「協会ニュース」2020年4月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@

<受信設定のお願い>

上記Eメールアドレスにお問い合わせいただきました際、こちらから返信をさせていただく場合があります。
お手数ですが、本会ドメイン「nurse.or.jp」からのメールを受信可能な状態に設定してください。
設定方法はご利用のメールサービス管理会社にお問い合わせください。