看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第36回

教育カリキュラムの改訂②

第36回

こんにちは、常任理事の岡島さおりです。前回お伝えした通り、10月に准看護師教育のカリキュラム改正案がまとまりました。大切なポイントについて、今後も折を見てご紹介していきます。

改正案では「准看護師教育の基本的考え方」が、これまでの2項目から新たに3項目追加され、5項目になりました。新たに加わった項目の1つが「保健・医療・福祉チームにおける各職種の役割を理解し、准看護師としての役割を果たす基礎的能力を養う」です。さらに「准看護師教育の留意点」にも「准看護師としての役割と責任を果たすために、看護に係る法制度と結び付けて学ぶ」と記載されました。法に基づいた業や役割の理解の重要性が打ち出されたことで、基礎教育の課程でこれまで以上に丁寧に学ぶ機会が増えることが期待されます。

「協会ニュース」2019年12月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@

<受信設定のお願い>

上記Eメールアドレスにお問い合わせいただきました際、こちらから返信をさせていただく場合があります。
お手数ですが、本会ドメイン「nurse.or.jp」からのメールを受信可能な状態に設定してください。
設定方法はご利用のメールサービス管理会社にお問い合わせください。