看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第35回

教育カリキュラムの改訂

第35回

こんにちは、常任理事の岡島さおりです。昨年から国の検討会で、私たち看護職の教育内容の改訂が議論され、10月に報告書がまとめられました。准看護師の教育カリキュラムは、1999年以来、20年ぶりの改訂です。この改訂で初めて「准看護師に求められる実践能力と卒業時の到達目標」が策定されました。准看護師と看護師の業務範囲は法律上違いがあり、教育内容もそれに基づいて決められています。すでに看護師には免許取得前に身に着けるべき到達目標が示されていましたが、このたび准看護師教育にも整備されたことで、看護師と准看護師にそれぞれ求められる役割、それに基づく教育内容の違いが明確になりました。

厚生労働省のHP(看護基礎教育検討会で検索)で報告書をご覧になれます。この欄でも今後、ポイントをご紹介します。

「協会ニュース」2019年11月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@

<受信設定のお願い>

上記Eメールアドレスにお問い合わせいただきました際、こちらから返信をさせていただく場合があります。
お手数ですが、本会ドメイン「nurse.or.jp」からのメールを受信可能な状態に設定してください。
設定方法はご利用のメールサービス管理会社にお問い合わせください。