看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第32回

業務のあり方に関するガイドライン③

第32回

こんにちは、専務理事の勝又浜子です。「看護チームにおける看護師・准看護師及び看護補助者の業務のあり方に関するガイドライン」に関して「准看護師は、どんな業務でも看護師からの『指示』が必要なのですか」とのご質問を受けました。法律上、医師や看護師などからの指示が必要なのは「療養上の世話又は診療の補助」です。職場には、それ以外の指示(例えば、研修参加や時間外勤務の指示など)もたくさんありますが「ガイドライン」では、法律上、指示が必要な内容だけを扱っています。
ここでの「指示」は、決して上下関係を意味するものではなく、あくまでも資格の違いに基づく「業と責任の違い」です。「ガイドライン」は看護チームとして、安全で効果的・効率的な看護が提供できるように考えの整理を示しています。本会HPからご覧ください。

「協会ニュース」2019年6月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@

<受信設定のお願い>

上記Eメールアドレスにお問い合わせいただきました際、こちらから返信をさせていただく場合があります。
お手数ですが、本会ドメイン「nurse.or.jp」からのメールを受信可能な状態に設定してください。
設定方法はご利用のメールサービス管理会社にお問い合わせください。