看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第31回

業務のあり方に関するガイドライン②

第31回

こんにちは、専務理事の勝又浜子です。この春、たくさんの職場が新しい仲間を迎えたことと思います。新人の皆さん、慣れてきましたか?

看護に限らずあらゆるチームで最も大切なのは、お互いを正しく知ること。私たち看護職のチームの特徴は、各職種の業や教育が法律などによって規定されていることです。現場では、各職種の役割と責任を改めて確認し、その役割を発揮できる体制を整えて、安全で効果的・効率的な看護を提供することが求められています。本会ではこうした考えを「看護チームにおける看護師・准看護師及び看護補助者の業務のあり方に関するガイドライン」にまとめ、現場で運用する具体例を「活用ガイド」として示しています。お互いに安心して力を発揮できるよう、みんなでよいチームを作っていきたいですね。
本会HPもご参照ください。

「協会ニュース」2019年5月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@

<受信設定のお願い>

上記Eメールアドレスにお問い合わせいただきました際、こちらから返信をさせていただく場合があります。
お手数ですが、本会ドメイン「nurse.or.jp」からのメールを受信可能な状態に設定してください。
設定方法はご利用のメールサービス管理会社にお問い合わせください。