国際情報

国際助産師の日

「国際助産師の日」(5月5日)について

誕生までの経緯

1987年ICMハーグ大会(オランダ、8月)の国際評議会において、「国際助産師の日」の創設が提案され、理事会で検討することとなる。

1989年ICM執行委員会(ロンドン、4月)で討議される。ICMでは、国連活動の一環として「国際助産師の日」を制定するよう求めたが受理されず、各国の会員協会に、この日をいつにするかを打診した。

1990年ICM神戸大会(日本、10月)の国際評議会で、5月5日を「国際助産師の日」とすることを決定した。

1992年5月5日を最初の「国際助産師の日」とした。

テーマは、執行委員会から"2000年までにすべての人々に安全な出産を"とする提案があり、全会一致で承認された。また、2000年まではこのテーマを継続することが決議された。

目的と活動

IDMの目的は、助産師の業務の重要性についてできるだけ多くの人々の意識が高まることである。各国の助産師や助産師協会は、以下のように、それぞれに合った様々な方法で活動を行っている。

  • 街頭行進や集会を行う
  • 助産業務の紹介や、情報提供、アドバイスを行うためのブースを設置する
  • 助産における新しい動きを聞いたり、その地域の助産師が情報交換をするために、会議、ワークショップ、大会を開催する
  • 特に業績のあった個人の助産師や助産師のグループに賞を与える
  • 助産が確立している国々では、他国の助産師仲間を支援するための募金活動を行っている(例:人里離れた地域にいる助産師の移動手段としての自転車購入、助産師が重要な会議に出席するための参加費用)

毎年のIDMテーマはあらかじめ決定され、助産業務の特徴的な部分を示しているものである。このテーマは、会議のテーマや、一般の人々や他のグループの関心をひくために使用されている。IDMは、全ての助産師それぞれが、その専門性について考え、国内外の同僚との新しい関係を生み出し、助産師が世界のために行っていることについての知識を広げる機会となっている。

各年テーマと3年毎テーマ

今年度のポスター

各年テーマ 3年毎テーマ
2009〜2015 The world needs midwives - now more than ever
「助産師は求められているー以前にもましてー」
2008 Midwives provide continuity of care for women and their newborn babies throughout the reproductive and childbearing cycle, where and when it is needed.
「助産師は、女性と赤ちゃんのために、必要に応じて、いつでも、どこでもケアを提供します」
2007
2006 The world needs midwives - now more than ever
「助産師は求められている-以前にもまして-」
2005 Midwives take the lead to raise the profile of their profession and advocate for healthy women, healthy babies, healthy nations.
「助産師は、自己の専門性を積極的にアピールし、健康な女性、健康な赤ちゃん、健康な国家のために発言しよう」
Leadership and key partnerships in midwifery actions achieve improved health for mothers and newborns
「助産師活動におけるリーダーシップとパートナーシップを通じて母子の健康を高めよう」
2004 Midwives and women work together in partnership to ensure appropriate care for childbearing women and their families wherever they reside
「妊娠・出産・子育てに臨む女性とその家族への適切なケアを保障するために、助産師と女性のパートナーシップを高めよう」
2003 Using leadership skills to enhance midwives' input to policy decisions on maternal and neonatal health
「妊産婦と新生児の健康に関する政策決定過程への助産師の参加を拡大するために、リーダーシップ・スキルを発揮しよう」
2002 Midwives work with women to ensure access to reproductive healthcare is seen as a human right
「助産師は女性と協働し、人権とみなされるリプロダクティブ・ヘルスケアへのアクセスを確実なものとする」
Equity
「平等」
2001 Midwives provide appropriate and holistic healthcare for women and families in challenging circumstances
「助産婦は挑戦的な環境にある女性と家族に適切で全人的なケアを提供する」
2000 Midwives support girls' and women's right to equal status in the community and to choice and control in healthcare during their childbearing years
「助産師は、少女と女性の社会の社会での平等と出産年齢期におけるヘルスケアの選択と管理の権利を支持する」
1999 Midwifery Care - Prime Care
「プライマリ・ケアの提供者である助産師は母親と産まれたばかりの赤ちゃんに健康なスタートを贈ります」
1998 The Midwife as the key health provider for safer motherhood
「助産師は妊産婦に安全を提供する第一人者」
1992〜1997 Safe Motherhood for All by the year of 2000
「2000年までにすべての人に母性の安全を」