国際情報

助産師の定義

助産師の定義は、1972年に初めて採択された。1973年には世界産婦人科連盟(FIGO)でも採択され、その後、世界保健機関(WHO)が採択。1990年10月、国際助産師連盟国際評議会(神戸)で改定され、1991年世界産婦人科連盟(FIGO)、1992年に世界保健機関(WHO)が批准した。

(ICM Press Release Midwives vote for revised Definition of Midwife, July 19, 2005より)

2011年改定「助産師の定義」

【原文:ICM International Definition of the Midwife】

A midwife is a person who has successfully completed a midwifery education programme that is duly recognized in the country where it is located and that is based on the ICM Essential Competencies for Basic Midwifery Practice and the framework of the ICM Global Standards for Midwifery Education; who has acquired the requisite qualifications to be registered and/or legally licensed to practice midwifery and use the title ‘midwife’; and who demonstrates competency in the practice of midwifery.

Scope of Practice

The midwife is recognised as a responsible and accountable professional who works in partnership with women to give the necessary support, care and advice during pregnancy, labour and the postpartum period, to conduct births on the midwife’s own responsibility and to provide care for the newborn and the infant. This care includes preventative measures, the promotion of normal birth, the detection of complications in mother and child, the accessing of medical care or other appropriate assistance and the carrying out of emergency measures.

The midwife has an important task in health counselling and education, not only for the woman, but also within the family and the community. This work should involve antenatal education and preparation for parenthood and may extend to women’s health, sexual or reproductive health and child care.

A midwife may practise in any setting including the home, community, hospitals, clinics or health units.

Revised and adopted by ICM Council June 15, 2011
Due for review 2017


助産師とは、その国において正規に認可され、「ICM 基本的助産業務に必須な能力」および「ICM助産教育の世界基準」の枠組に基づいた助産師教育課程を履修し、合法的に助産業務を行い「助産師」の職名を使用する免許を取得するために登録され、かつ、あるいは法律に基づく免許を得るために必要な資格を取得した者で、かつ助産実践の能力(コンピテンシー)を示す者である。

業務の範囲

助産師は、女性の妊娠、出産、産褥の各期を通じて、サポート、ケアおよび助言を行い、助産師の 責任において出産を円滑に進め、新生児および乳児のケアを提供するために、女性とパートナーシ ップを持って活動する。これには、予防的対応、正常出産をより生理的な状態として推進するこ と、促すこと、母子の合併症の発見、医療あるいはその他の適切な支援を利用することと救急処 置の実施が含まれる。

助産師は、女性のためだけではなく、家族及び地域に対しても健康に関する相談と教育に重要な役割を持っている。この業務は、産前教育、親になる準備を含み、さらに、女性の健康、性と生殖に関する健康、育児に及ぶ。

助産師は、家庭、地域(助産所を含む)、病院、診療所、ヘルスユニット※ とさまざまな場で実践することができる。

2011年6月15日ICM 評議会により改訂および採択
次回改訂予定 2017 年

※ヘルスユニット: 開発途上国等における組織化された保健医療提供システムの中で、住民が最初に診断と治療処置を受ける施設のこと。ヘルスポストとも呼ばれる。