生涯学習支援

研修番号103:「実践力Up(アップ)事例検討会」のポイント①基礎編/②実践編

配信方法 個人向け配信研修、施設向け配信研修
時  間 90分
申込期間 2020年5月1日13時〜2021年1月15日13時
配信期間 2020年5月1日13時〜2021年1月29日13時
研修分類 分類1:「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育
プログラム
研修目的
  • 個別事例における健康課題解決のための支援スキル向上に向け、日本看護協会が開発した「実践力Up(アップ)事例検討会」※1の基本的な考え方や具体的な7つのステップ等を理解する。
  • 事例検討会を企画する上での留意点、事例提供者、支援者(ファシリテーター)の役割や支援のポイント、アセスメントの重要性等を学ぶ。
  • 「自治体保健師の標準的なキャリアラダー」※2において、各キャリアレベルに求められる個人及び家族・集団への支援能力の獲得と、事例検討会の意義について学ぶ。
  • ※1 平成26年度厚生労働省保健指導支援事業 保健指導技術開発事業
  • ※2 平成28年3月「保健師に係る研修のあり方等に関する検討会最終とりまとめ」厚生労働省
主な内容 今、なぜ事例検討が必要か/「実践力Up(アップ)事例検討会」の要素/具体的手順/企画者、事例提供者や支援者(ファシリテーター)が、それぞれ知っておきたいポイント/アセスメントの重要性/地域ケア会議への応用
申込・受講方法
研修内容に関する問い合わせ先

日本看護協会看護研修学校(継続教育課 TEL 042-492-7325