公益社団法人 日本看護協会 - 生きるを、ともに、つくる。

キャリナース 会員専用ページ

研修番号134:
【JNAラダーレベルⅠ到達のための研修】
日常生活場面で理解する看護職の倫理綱領と看護業務基準 2021改訂版

分 類 【2】ラダーと連動した継続教育
時 間 93分
提供方法 オンデマンド
配信期間
(実施日)
4月15日~2月10日
申込期間 4月15日~1月13日

施設の修了証申請は、2023年1月27日(金)必着

研修目的 免許によって看護を実践する権限を与えられた看護職として、社会的な責務を果たすうえで、法、倫理綱領、看護業務基準は拠りどころであることを理解する。
主な対象 JNAラダーレベルⅠ到達を目指す看護師
申込・
受講方法
申込・受講方法については「インターネット配信研修[オンデマンド]について」をご確認のうえ、下記専用サイトからユーザ登録を行い、お申込みください。
専用サイト
※複数研修をまとめて購入できます。

研修プログラム

単元/主な内容 講師(所属等)
※敬称略
視聴
時間
- オリエンテーション (事務局) -
1 (1章受講前)確認テスト 1問
看護実践の拠りどころとなる法、倫理、基準

【章の目標】
法令等、倫理、業務基準は、看護職として社会的な責務を果たすうえでの拠りどころであることを理解できる。
手島 恵
(千葉大学大学院看護学研究院 教授)
2分
(1章受講後)確認テスト 1問
2 (2章受講前)確認テスト 1問
実践の基盤となる倫理と倫理綱領

【章の目標】
看護実践の基盤となる倫理と倫理綱領を理解できる。
手島 恵
(前掲)
34分
(2章受講後)確認テスト 1問
3 (3章受講前)確認テスト 1問
看護職の業務と看護業務基準

【章の目標】
看護職の業務と看護業務基準について理解できる。
手島 恵
(前掲)
13分
(3章受講後)確認テスト 1問
4 (4章受講前)確認テスト 2問
看護実践が倫理や基準等に基づくことの理解(事例)

【章の目標】
倫理や基準等を、日々の自身の看護実践に結びつけて理解できる。
林田 由美子
(国家公務員共済組合連合会虎の門病院 精神看護専門看護師) 
44分
(4章受講後)確認テスト 2問
- 看護実践能力強化を目指した実践シート
総括確認テスト
5問 -

※収録・編集時点の講師の所属・経歴を記載しています

研修内容に関する問い合わせ先

日本看護協会看護研修学校(継続教育課)
TEL 042-492-7325

トップへ戻る