公益社団法人 日本看護協会 - 生きるを、ともに、つくる。

キャリナース 会員専用ページ

研修番号128:
【JNAラダーレベルⅢ到達のための研修】
看取りにおける尊厳の尊重と苦痛の緩和

分 類 【2】ラダーと連動した継続教育
時 間 98分
提供方法 オンデマンド
配信期間
(実施日)
4月15日~2月10日
申込期間 4月15日~1月13日

施設の修了証申請は、2023年1月27日(金)必着

研修目的 看取りのプロセスにおける尊厳の尊重や苦痛の緩和、コミュニケーションを学ぶ。
主な対象 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(JNAラダー)レベルⅡ
特記事項

レベルⅡの看護師が、レベルⅢ到達を目指し受講する研修

JNAラダーの4つの力のうち、特に「ケアする力」「意思決定を支える力」との関連が深い研修

申込・
受講方法
申込・受講方法については「インターネット配信研修[オンデマンド]について」をご確認のうえ、下記専用サイトからユーザ登録を行い、お申込みください。
専用サイト
※複数研修をまとめて購入できます。

研修プログラム

単元/主な内容 講師(所属等)
※敬称略
視聴
時間
- オリエンテーション (事務局) -
1 導入

1.本研修での学習を通して目指す実践(OJT)

2.事例紹介

宇野 さつき
(医療法人社団新国内科医院 看護師長 がん看護専門看護師)
6分
2 看取りのプロセス

1.日本における看取りの現状と課題

2.看取りに向けた経過:どのように人は亡くなるのか?

3.人生の最終段階における意思決定支援

宇野 さつき
(前掲)
27分
- 2章確認テスト 1問 -
3 人生の最終段階における苦痛の緩和

1.人生の最終段階における苦痛

2.看取り時の苦痛緩和とケア

3.予後の予測と急変時の対応

宇野 さつき
(前掲)
21分
- 3章確認テスト 2問 -
4 臨死期におけるケアの受け手や周囲の人々への配慮とコミュニケーションのとり方

1.ケアの受け手の尊厳を守る

2.家族へのケアと支援

3.看取りに向けたケアの体制

宇野 さつき
(前掲)
26分
- 4章確認テスト 1問 -
5 個別性をふまえた苦痛の緩和のための看護の計画・実施・評価

1.苦痛緩和のための看護計画

2.苦痛緩和のケアの実施

3.苦痛緩和のケアの評価

宇野 さつき
(前掲)
18分
- 5章確認テスト 1問 -
- 全体確認テスト 5問 -

※収録・編集時点の講師の所属・経歴を記載しています

研修内容に関する問い合わせ先

日本看護協会看護研修学校(継続教育課)
TEL 042-492-7325

トップへ戻る