公益社団法人 日本看護協会 - 生きるを、ともに、つくる。

キャリナース 会員専用ページ

研修番号103:
困難事例を支援する事例検討会を学ぶ~個別課題から地域課題への検討・解決につなげる事例検討の視点・ポイント~

分 類 【1】「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育
時 間 90分 
*日本看護協会からのメッセージは含みません。
提供方法 オンデマンド
配信期間
(実施日)
7月1日~2月10日
申込期間 7月1日~1月13日

施設の修了証申請は、2023年1月27日(金)必着

研修目的

複雑かつ多重課題の事例検討会の意義を理解する。

複雑かつ多重課題の事例検討会の企画・運営の進め方を理解する。

複雑かつ多重課題の事例のアセスメントを深め、個別課題から地域課題の検討・解決につなげる事例検討の展開を理解する。

主な対象 保健師、看護師、助産師
組織の中で事例検討会を企画・運営する看護職
申込・
受講方法
申込・受講方法については「インターネット配信研修[オンデマンド]について」をご確認のうえ、下記専用サイトからユーザ登録を行い、お申込みください。
専用サイト
※複数研修をまとめて購入できます。

研修プログラム

単元/主な内容 講師(所属等)
※敬称略
視聴
時間
- オリエンテーション 事務局 -
- 日本看護協会からのメッセージ 鎌田 久美子
(公益社団法人日本看護協会 常任理事)
5分
1 【基礎編】
地域において複雑かつ多重課題事例を検討する事例検討会の基本的考え方

1.複雑かつ多重課題事例とは

2.個別課題から地域課題を検討する必要性

3.個別課題から地域課題への検討・解決につなげる事例検討会の基本

4.個別課題から地域課題への検討・解決につなげる事例検討会の視点・ポイント

5.事例検討会の運営における企画・運営者の役割


【章の目標】

複雑かつ多重課題の事例検討会について目的、意義が理解できる。

個別課題から地域課題への検討・解決につなげる事例検討会の視点・ポイントがわかる。

佐藤 由美
(群馬大学大学院 保健学研究科保健学専攻 看護学講座 地域看護学 教授)
28分
2 【基礎編】
事例検討会の企画・運営方法

1.事例検討会の体制整備

2.事例検討会の事前準備

3.事例検討会の実施

4.事例検討会実施後

5.地域課題の解決の検討

6.評価、成果のフィードバック


【章の目標】
個別課題から地域課題への検討・解決につながる事例検討会の企画・運営の具体的な手順・ポイントがわかる。
森永 裕美子
(公立大学法人岡山県立大学 保健福祉学部看護学科 大学院保健福祉学研究科 看護学専攻 教授)
23分
3 【実践編】
事例検討の展開

日常業務に基づく事例検討会のテーマ設定

複雑かつ多重課題事例のアセスメントの視点

個別課題から地域課題の検討・解決につなげるための視点・ポイント


1.【事例①】精神疾患を持つ対象者の支援困難事例

萱間 真美
(国立看護大学校 校長)
19分

2.【事例②】母子関連の支援困難事例


【章の目標】

アセスメントの重要性と、深めるために必要な視点を理解できる。

個別課題から地域課題の検討・解決につなげるための視点・ポイント、事例展開の流れが理解できる。

吉岡 京子
(東京大学大学院 医学系研究科健康科学・看護学専攻地域看護学教室 准教授)
20分
4 事例検討会の普及

【章の目標】
個別課題から地域課題解決への検討・解決につなげる事例検討会を実践の場で普及し定着させる必要性がわかる。
鎌田 久美子
(前掲)
6分
- 確認テスト 10問 -

※収録・編集時点の講師の所属・経歴を記載しています

研修内容に関する問い合わせ先

日本看護協会看護研修学校(継続教育課)
TEL 042-492-7325

トップへ戻る