生涯学習支援

学術集会で発表する

演題登録

日本看護学会は、実践に根差した学術研究の振興を通して、看護の質の向上のための価値ある研究活動を推進しています。2018年度は7領域で約1,900題の演題発表が行われました。 演題は演題登録規程に沿って作成し、「演題登録・マイページの確認」ボタンより投稿してください。

  • 日本看護協会会員の方のみ発表ができます。
  • 第50回(2019年度)より抄録原稿の登録方法が直接入力方式に変更となりました。
    演題登録される方はご注意ください。

演題登録の流れ

1. 第50回(2019年度)日本看護学会実施要綱を確認する [PDF2.18MB]PDFリンク

2. 利用者登録(はじめての方)外部リンク

3. マイページへログインする(利用者登録済みの方)外部リンク

4. 演題登録したい領域を選択する

5. システムへ演題本文を直接入力後、「本文確定」ボタンを押す。

6. 「登録」ボタンを押す

7.演題登録完了

演題登録期間、発表資格等の詳細は下記の演題登録規程、「第50回(2019年度)日本看護学会開催一覧」をご参照ください。

演題登録の前に以下の資料を必ずお読みください。

演題登録後のプロセス

  • 「演題登録規程」にのっとって作成した演題を受付けます。
  • 抄録選考が行われます。
  • 選考結果(初回選考・再選考)はマイページに表示されます。
  • 初回選考結果は、「採択」「不採択」のほかに「保留」があります。「採択」の方は、再登録は必要ありませんが、発表時にコメントを反映してください。「保留」の方は指示に沿った修正を行い、期限までに再登録をしてください。再選考で採否が決定されます。再選考結果が「採択」の方は、発表時にコメントを反映してください。
  • 採択となった方は、マイページに表示されている銀行口座に期日までに参加登録費を入金してください。学術集会の参加登録を行う必要はありません。
  • 発表日時はマイページに公開されます。確認の上、発表の準備をしてください。
  • 参加証および抄録集が学術集会開催約2週間前までに送付されます。
  • 発表当日は会場内の「発表者受付」にて必要な手続きを行った後に発表してください。

発表形式

学術集会当日の発表

やむを得ない事情により発表者を変更する場合は所定の手続きが必要です。日本看護協会学会企画課までEメールにてご連絡ください。
なお、変更可能な発表者は日本看護協会会員の看護職である共同研究者に限ります。

論文集への投稿

学術集会で演題発表後は、日本看護学会論文集へ投稿することができます。

受付期間は決定次第ご案内します。