看護職の役割拡大の推進と人材育成

感染管理認定看護師

基本情報

所属
社会福祉法人恩賜財団済生会支部 福井県済生会病院(福井県)
実践者

細田清美さん(看護師長)

  • 【修了した特定行為区分】
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 感染に係る薬剤投与関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理) 関連
  • 創部ドレーン管理関連
  • 【受講理由】
  • 医師・看護師から感染症治療について意見を求められる機会や、ICT内でのディスカッションの場面が増加している。専門知識を深め特定行為実践を活用することで、チーム医療がより機能すると考えた。
看護管理者
脇 和枝さん(看護部長)

<実践例>高齢者施設へのラウンドで抗菌薬適正使用・脱水対策による重症化予防

定期的な訪問により、緊急入院が減少

研修修了後は、これまでの自施設内での活動に加え関連する高齢者施設にも活動の場を拡大している。
高齢者は、典型的な症状が出にくく、感染症や重症化のリスクが高いため、高齢者施設へは定期的に訪問している。
例えば、感染徴候に伴う発熱や脱水傾向のある入所者には、個々の病態に合わせて食事以外の時間に経口補水液の摂取や、輸液による補正を判断している。入所者との対話を通し『ずっとここで過ごしたい』など、個々の意向も聞きながら感染徴候者の病態観察と脱水の評価などを実践している。その結果、重症化予防と早期回復、「患者の希望する生活支援に着目した活動」に繋がり、病院への緊急入院件数も減少傾向となっている。
さらに、活動を通し、薬剤師や介護士等も患者(入所者) の病態に関心を持つようになり、多職種協働実践が行えるようになっている。

今後の展望

看護の視点をもちつつ医学的な知識を得てベッドサイドで身体観察などの情報から臨床推論し、病態を判断することで、的確な症状マネジメントが可能になる。
さらに、ロールモデルの役割を担うことで、チーム医療の活性化や施設全体の看護の質の向上に寄与したいと考えている。

看護管理者の声

特定行為をしない判断を医師とディスカッションすることで、より質の高い医療を

まず大きな成果として挙げられることは、医師と看護師の協働の強化が図られたことである。細田は研修受講後、臨床推論に基づいた適切な判断力が加わりより専門的な知識が身についたことで、医師の指示と現在の患者の状態を照らし合わせ、時には「特定行為をしない判断」をしながら積極的に治療方針について医師とディスカッションを行うようになった。それによって医師主導の治療から看護の視点も含まれたより質の高い医療提供が可能となっている。

次に、関連する高齢者施設のラウンドを通して、入所者の病態を適確に把握し感染症治療の支援や脱水対策を実践することで、重症化予防はもちろん夜間の緊急搬送者数の減少という成果が挙げられる。特定行為研修を修了した細田の活動により入所者は生活の場を維持することが可能となり、心身の負担軽減に繋がっていると同時に、当該施設においても所定疾患施設療養費加算による経営面の保持にも貢献できるという結果をもたらしている。

活動成果を見える化し、さらに地域へ!

これからは特定行為研修を修了した認定看護師の存在価値の周知や活動の場の拡大、更に実践を重ねることにより研修で学んだ知識や技術、判断力を磨いていくことが必要と考える。その支援として具体的には医師とのカンファレンスの参加や診療回診に同行する等、医師と協働しながら継続的にスキルアップできる環境や学びの場の提供について考えている。
更に活動の評価方法を検討し、データの可視化を目指していきたと思っている。成果が可視化されることで自身の確かな成長を感じ、やりがいと自信をもって活動できること、また成果を伝えていくことで、医師をはじめ看護師や他職種、地域住民からその存在価値が広く周知され、更なる活動の場ができることに繋がると考える。地域から求められる活動をこれからも期待している。