日本看護協会とは

看護協会に入会しよう!!

看護協会は看護職の活動を支援する職能団体です。

仕事を始めてみると、さまざまな場面で立ち止まることも、「もっとよい看護がしたい」という気持ちが胸をよぎることもあるかもしれません。

周りを見渡せば、同じ思いの仲間がきっと見つかります。

ときには、大勢で知恵を絞り、時間をかけてじっくり考えるべき課題もあります。

そんなとき、皆さんとともに解決策を見つける場のひとつが、私たち看護協会です。
看護職員のキャリアアップに伴う処遇改善(賃金及び勤務環境の改善)などにも取り組んでいます。

未来に向かって、一緒に歩んでいきましょう。

入会のご案内(特設サイト)

日本看護協会の入会状況

入会関連、または施設代表者向けの各種資料

ぜひご活用ください。

お知らせ

2022年9月30日
岡山県看護協会は、協会の紹介・保健師職能の紹介動画を公開しています。
2022年9月30日
大分県看護協会は、協会の紹介動画を公開しています。
2022年9月20日
神奈川県看護協会は、入会のご案内動画の公開・交流会等を行っています。
2022年9月12日
沖縄県看護協会は、協会のプロモーション動画を公開しました。
2022年9月1日
兵庫県看護協会が、協会の活動紹介動画を公開しました。
  • 兵庫県看護協会では、コロナの影響により、会館での新入会員研修ができなかった為、協会活動や会館案内を含めた動画を作成しました。
    病院や施設でのオリエンテーションで役立てていただけるようYouTubeにて公開しています。

〜知ってほしい看護協会の役割・活動〜 
都道府県看護協会の取り組み

福島県看護協会
会員手続きに関する説明会を開催 
〜入会促進活動強化に向けて動画を制作・公開〜

看護職のスムーズな入会につながる活動を目指して、看護管理者及び協会担当職員向けに説明会を実施しました。
参加者に県の入会状況や会員手続きのポイントなどが伝わるよう工夫しながら説明し、質疑応答では手続き担当者の疑問や不明点を受け、解消を図りました。
グループワークでは「入会に関する取り組みと課題」をテーマに活発な意見交換を行うことができ、よい情報共有の場となりました。
そして当日は、入会促進活動強化のために制作したPR動画「Here we go!」を公開しました。動画は看護職が協会員になることで、自身の課題を乗り越えるヒントが見つけられることをイメージできるような内容となるよう作りました。
一人でも多くの看護職が協会に入会する機会が増えるようみんなで活動を推進できたらと思っています。

三重県看護協会
助産師出向事業 施設訪問での入会促進 
〜入会の説明と資料配布を実施〜

助産師出向事業にご協力いただいている施設への訪問の際、職員の方への入会案内や、申し込み等の手続きの取りまとめについて協力依頼をおこなっています。
各種パンフレット・入会手続きの説明書などを1つにまとめ、施設訪問用の入会PRセットをつくり、施設代表者様に説明をしています。

高知県看護協会
さまざまな機会をとおして入会案内を行っています。

高知県看護協会では様々な機会を通じて入会案内を行っています。
先日は保健師職能委員会の企画で開催した新任期保健師交流会にてご案内をしてきました。

交流会では地域に設けた会場と協会の2会場をオンラインでつなぎ、11名の新任保健師の方が出席し、情報交換を行い、先輩保健師からアドバイスやエールをいただきました。
交流会の最後に、看護協会の役割や事業等を紹介し、看護職として連携した活動を行っていくために看護協会への入会をお願いしました。
このほかにも地区支部での事例検討会やナースセンターとの施設訪問等、様々な機会をとおして高知県看護協会の活動を紹介し、入会の案内を行っています。

大阪府看護協会 part.2

「新入会員に対する研修会」開催

今年度は3年ぶりに新入会員を対象に「新入会員に対する研修会」を開催しました。
看護協会の活動内容の紹介と、ベテラン看護師からの実体験をふまえた講演を行い、全6回約1,000名の新入会員の皆さんにご参加いただきました。
参加者からは「自己を見つめなおす機会になった」、「意欲の向上につながった」、「リフレッシュになった」等のご意見があり、大変好評をいただいています。
研修会を通じて生活していく様々な場面で看護協会が身近にあることを感じていただけたようで関係者一同、嬉しくなりました。

山梨県看護協会
山梨県医師会長を表敬訪問

医師の職能団体である医師会には県内の診療所等の医師が多く入会しています。
そんな医師会会員の皆さまにも一緒に働いている看護職の方に看護協会への入会を勧奨していただけるようお願いするために、協会の活動状況や入会の必要性について説明しました。
その後、県内584施設への入会案内チラシの配布にご協力をいただきました。

山形県看護協会
会員がいない施設やナースセンター利用者に協会のPRを実施

当協会では、看護協会の活動を多くの看護職の皆さまにご理解いただくため、広報誌「山形いぶき」を会員がいない病院・看護学校・介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・訪問看護ステーションや非会員のナースセンター登録者へ送付しています。
11月発行の広報誌「山形いぶき」には、入会案内チラシや入会案内カードを同封し、看護協会への入会に繋げるツールとして、約600ケ所に発送しました。
今後、次年度教育計画発送の際に会員がいない診療所にも入会案内チラシや入会案内カードを同封し送付する予定です。

新潟県看護協会
看護学生に就職後の職能団体の意義を理解していただくために・・・

看護学生が看護協会の役割や活動を知り、将来、入会するきっかけが作れるよう、看護職養成学校の理事会にWebで参加し、今後、看護学校で予定されている就職説明会への看護協会の参加について依頼しました。当日は看護職の若年層の入会率が減少していることやZ世代といわれる新採用者の課題等について説明しました。
学生の時から、看護協会のことを知り、将来の入会につながるよう、看護職養成校で説明する機会を増やしていければと思っています。

茨城県看護協会

県内の准看護師会員を対象にアンケートを実施

准看護師の業務や処遇等に関する実態を把握し、それらを踏まえた本会事業の企画や推進、関連団体等への政策・要望活動に活かせるよう、准看護師担当理事を中心に作成したアンケートを実施しました。

返信用封筒を同封した質問紙による選択式(一部記述式)を全准看護師会員929名に送付し有効回答235名分(回収率28.2%)の現場のリアルな意見を得ることができました。

今回の調査で得た結果を事業等に活かせるよう、進めていきたいと思います。

静岡県看護協会
若年層へのPR活動を推進するための施設訪問
〜看護代表者さまへの協会をPRする機会の確保をお願いしました!〜

若年層への入会PR活動として協会で毎年実施している新会員研修の参加者が減少している施設訪問を行っています。

訪問では若年層の入会の現状と今後の課題について情報提供や意見交換を行い、看護管理者の皆さまより入会促進強化や今後の協会との連携について多くのご意見を頂いています。ご協力、ありがとうございます。

あわせて、次年度採用者に看護協会の役割や職能団体としての意義・活動等を説明する機会を頂けるよう、お願いもしてきました。

来年の4月までには協会からのメッセージ動画の作成・公開も予定しているので、より多くの看護職の方に取り組みを知って入会増に繋げていきたいです。

三重県看護協会
「介護施設で働く看護職員研修」で入会PR

毎年、秋に介護施設で働く看護職を対象に研修を行っています。この研修は、介護施設におけるケアの現状と課題を踏まえ、看護活動のあり方の理解、実践的な知識・技術の習得することに加え、看護職間のネットワーク構築を目的に行っています。非会員の方も多く受講する研修であるため、この機会に看護協会の活動にご理解いただけるよう、看護職賠償責任保険の紹介と合わせて入会等のご案内を行う時間を設け、PRしました。
介護施設で働く看護職同士のネットワーク作りだけでなく、看護協会入会のきっかけになってくれたら嬉しいです。

大阪府看護協会
「大阪府看護協会」入会案内、福利厚生パンフレット作成!!

入会の説明等で配布している「大阪府看護協会 入会案内」の、内容を一部変更しリニューアルしました。看護協会のサポート内容がわかりやすくなるよう説明を加えたり、会員特典、割引サービス、キャリナースのご案内等を掲載しています。また、福利厚生サービスの拡充に合わせ、各サービスのQRコードを一覧にした冊子も作成しました。
入会されている方、これからされる方、入会を検討されている方、皆さまに活用していただけたら幸いです。

大分県看護協会
入会促進に向けて看護管理者との意見交換等を実施

協会役員が施設訪問等を行い、施設ごとの過去3年間の会員数分析データを基に、看護管理者の皆さまと入会促進にかかる意見交換や取り組みへの依頼を行いました。頂いた意見(例:退会届に退会理由欄を設けるなど)は会員増強施策に活かしています。また、訪問時に配布する入会案内のチラシは現場の看護管理者で構成する組織強化委員が自らの職場での経験等を生かしながら企画・作成し、配布効果を高めています。

滋賀県看護協会
新人交流会にて県内の新人看護職員に協会活動のPRを実施

県内の新人看護職員を対象に新人交流会を実施しています。毎年、県内の600人近い新人看護職員が参加し、会長からのメッセージと看護協会活動の紹介を行った後に、お互い語り合いそれぞれが目標を見つけるワールドカフェ等を行っています。

職場で切磋琢磨し頑張っている新人が、お互いの思いを本音で語り、理解し合い、最後は、笑顔で帰って行きます。毎年、そんな新人の皆さまの成長を願い見送っています。

宮城県看護協会
復職支援研修で入会のPR!

今年度は、総合研修(講義4日間+実習3日間)に19名の看護師が参加してくださいました。座学を終え、10月はいよいよ医療機関での実習が始まります。意欲的でやる気満々の皆さんが、現場復帰するのも近い!と確信しています。

栃木県看護協会
非会員施設への協会のPRを実施

会員以外の皆さまにも看護協会の活動を知っていただき入会するきっかけとなるよう、栃木県看護協会協会誌「看護とちぎ111号」の最終ペ−ジに入会案内QRコ−ドを掲載し、会員がいない施設1588件(病院11件・診療所1255件、老健施設48件、特養施設172件、市町10件、訪問看護ステ−ション89件、学校3件)に「入会のご案内チラシ」を添えて送付しました。

島根県看護協会
県内看護師等養成所の卒業生へお祝いメッセージ・グッズの準備を開始

毎年、島根県内のすべての看護師等養成所11校の卒業生全員にお祝いグッズを添えて協会長からのお祝いメッセージをお届けしています。
今年度も下半期を迎えるので、ちょっと気が早いかもしれませんが、協会長、スタッフみんなでお送りするメッセージとグッズの準備をはじめました。

兵庫県看護協会
合同職能集会にて保健師への入会をPR

今年度の合同職能集会は保健師職能委員会が企画し、「長引くコロナ禍の今、大切にしたい看護職の心のケア〜働く人を守るために〜」をテーマに開催。様々な立場でコロナ禍の地域を支えた看護職の経験や思いを共有する機会となりました。今後も「若手保健師おしゃべりCAFÉ(交流会)」を企画しているので、1人でも多くの保健師の方と協会が繋がるよう、活動を進めていきます。

千葉県看護協会
保健所訪問

自治体保健師が所属する県内保健所等を、会長・専務理事が訪問し、長期化するコロナ禍における保健師の活動状況を伺いました。人材不足、人材育成、週休の確保等様々な課題により疲弊する保健師に向け、メンタルヘルスに係る相談窓口の紹介や協会事業について説明しました。