お知らせ

協会ニュース 2020年11月号

新型コロナウイルス感染症対応医療従事者支援制度 本会などの寄付金でスタート

日本看護協会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、従来から経済面も含め医療従事者が安心して医療に従事できる体制の整備を国に要望してきた。こうした要望などを受けて、厚生労働省は本年9月に「新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業補助金」の交付を決定し、この補助金を活用して「新型コロナウイルス感染症対応医療従事者支援制度」が創設されることになった。

同制度は、加入している医療機関等で、新型コロナウイルスに感染し4日以上休業した場合の休業補償保険金や、死亡時には死亡保障保険金を支払うもの。医療団体からの寄付金や国の補助金を活用することで、医療機関等は少ない負担で制度に加入できることも特長だ。

日本看護協会もこの制度の趣旨に賛同し、新型コロナウイルス関連で受け付けた寄付金の中から2億円を拠出することにしている。

多くの看護職が、同制度の対象となるよう、所属医療機関への働き掛けをお願いいたします。

制度の概要は専用ページをご覧ください。