お知らせ

10月10日は「世界メンタルヘルスデー」です。

2020年10月9日

世界精神衛生連盟(WFMH)が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。その後、世界保健機関(WHO)も協賛し、正式な国際デー(国際記念日)とされています。

日本では、厚生労働省が主催となり「世界メンタルヘルスデー」を実施。2020年のテーマは「つながる、どこでも、だれにでも」です。
精神障害およびメンタルヘルスへの理解を深め、促進することを目的とした運動のシンボルであるシルバーリボン運動。同イベントと連動する形で、2020年は日本が誇るランドマーク・東京タワーをシルバーに点灯します。
日本看護協会ビルのクリスタルコーンも、10月10日の日没から20時までシンボルカラーであるシルバーにライトアップします。

特設サイトでは東京タワーのライトアップの情報のほか、著名人らのビデオメッセージをご覧いただけます。本会の福井トシ子会長もメッセージを寄せています。

世界メンタルヘルスデー2020外部リンク