お知らせ

「介護保険施設及び居宅系介護事業所の看護職員の勤務実態調査」

2019年12月5日

厚生労働省は令和元年度老人保健健康増進等事業において、「介護保険施設及び居宅系介護事業所の看護職員の勤務実態等に関する調査研究事業」を実施しています。

この調査は、介護保険施設および介護事業所における看護職員の就労状況や労働環境、業務内容等を把握し、看護職員の人材確保や定着の影響要因等について分析することを目的に行われるものです。
今後の介護現場における看護職員の職場環境に関して検討する基礎資料となることに加え、日本看護協会が先に実施した「病院および有床診療所における看護実態調査」の結果と併せて検討する上でも重要な意義を有する調査事業です。

対象施設・事業所におかれてはぜひご協力をお願いします。(調査の締切は12月27日に延長)

調査の内容に関するお問い合わせは、「調査概要(調査ご協力のお願い)」に記載された事務局(お問い合わせ先)までお願いします。
病院・診療所におかれましては、併設施設・事業所に調査票が届いている場合に、調査ご協力についてご担当の方にお声掛けいただけると幸いです。